匿名、ペンネームは良くない?

インターネットには匿名の言葉や、ペンネームで書かれたネットニュースなどがあふれています。言論活動を行うにあたって、こういう行為は卑怯であるから、本名で勝負せよということを述べる人たちがいます。果たして本当にそうなのでしょうか。


リスクが高い

現在、インターネットはあらゆる人間が目にすることができます。それにあたってはあらぬ誤解を与えてしまう場合や、検索エンジンを駆使したアラ探しや、無条件に全否定をするといったことが行われています。さらにテキストの内容だけにとどまらない、その人のバックグランドや人格否定などにおよぶ言葉も投げかけられています。そうした空間において本名で勝負するというのはかなりリスクの高いことなのではないでしょうか。

責任の所在

インターネットに限らず言論活動における、原則というのは責任の所在をはっきりとさせるということにあるでしょう。ペンネームであっても、その人が書いたものであるということがわかれば、反論なり抗議はそこへ向ければいいわけです。卑怯といわれるのはペンネームを複数使い分ける場合などが該当するでしょう。例えばAというペンネームで書いた文章に、反論が寄せられたとしたら、同じ人間がBというペンネームで擁護する文章を書くというような場合です。こうしたマッチポンプ、自作自演は論外ですが、責任の所在、連絡先の確定というものがあればペンネームでの文章発表は問題ないと言えるでしょう。

「三面記事はなぜ三面にあるのか?」の詳細を調べる

    
コメント