利根川は人工河川だった

利根川は関東地方を流れる巨大な河川となります。群馬県、栃木県、埼玉県、茨城県、千葉県という五県にまたがり、雄大な流れをたたえています。しかしこの利根川は人工的に作られたものなのです。


江戸時代の大工事

もともと利根川は現在の江戸川に流れ込んでいました。しかし、度重なる水害によって、低地帯の江戸の街は大きな被害を受けることになります。そのため利根川に流れこむ膨大な水量を逃すために、現在の千葉県と茨城県の県境を流れる巨大な河川を作ることになったのです。

しかし江戸時代ですから当然、重機は存在しません。基本はすべて手掘りとなります。茨城県の南部には霞ヶ浦や北浦など大きな湖が存在し、現在の水郷と呼ばれる地帯が広がっていました。

この水郷地帯に利根川の水を流し込むことが計画されたのです。このプロジェクトは利根川東遷事業と呼ばれ、江戸時代を代表する世紀の大工事と呼ばれています。

鉱毒事件の影響も

さらに明治時代に入ると栃木県の山奥にある足尾銅山から鉱毒が流れだし利根川の支流である鬼怒川の水に交じるという危険も生ずることになりました。そのため、利根川と鬼怒川が交じる場所に渡良瀬遊水地を作ることによって、水を分離する試みが行われました。

これらの事業も利根川東遷事業のひとつに含まれます。そのため、利根川東遷事業は江戸時代から明治時代までをまたぐ、大工事であったとも言うことができるかもしれません。

    
コメント