東西線なぜ地上を走る?

地下鉄東西線は、千葉県の西船橋から、東京の中野までを結ぶ路線です。地下鉄東西線は、南砂町から西船橋の間は地上路線となっています。これは総延長の半分近くになります。なぜ地下鉄なのに、これほど地上区間が多いのでしょうか?


地盤が弱かった?

地下鉄東西線に地上区間が多い理由として、地盤の弱さがあげられます。東西線が走る場所は、内陸部にあるように見えますが、それは埋立地が拡張されたためです。もともとは海岸線に近い土地だったため、地盤が水気を多く含んでいるため弱いものでした。そのため、トンネルを掘り進めていく工事が難しいために、地上路線として建設されました。

地下のメリットがない?

さらにもうひとつの理由として、地下鉄東西線の地上区間は、開通時は都市化が進んでいなかったということがいえるでしょう。田んぼや畑などがある、のんびりとした風景が広がっていました。地下鉄というのは、地上に線路を通す土地がない場合に、地下を利用して鉄道が建設されます。まわりが開けていた場所のため、わざわざ地下に鉄道を建設する必要がなかったという理由があげられるでしょう。さらに、地下にトンネルを掘り進めるよりも、地上に線路を建設した方が建設費が安上がりだったというのも、理由となるかもしれません。

地下鉄東西線に地上区間が多い理由は、地盤の弱さ、開通時に都市化が進んでいなかった、地下に比べて地上の方が建設費が安いといった理由があげられます。

「コンテナで引っ越しをする3つのコツ【長距離引越しに最適】」の詳細を調べる

    
コメント