使いきりカメラなぜブーム

現在、若者を中心に使いきりカメラがブームとなっています。使いきりカメラは、デジタルカメラが普及する前までは、広く普及していました。


使いきりカメラの構造

使いきりカメラは、レンズ付きフィルムとも呼ばれていました。プラスチック製のカメラの中に、フィルムがセットされており、撮影が可能となります。フラッシュ付きの使いきりカメラもありました。フィルムを使い切ると、そのまま現像店に出して写真を受け取れます。カメラの部分は回収され、一部の部品はリサイクルされて使われていたようです。

機械っぽさがない

使いきりカメラがヒットした原因は、構造が複雑な機械っぽさがなかった点があげられるでしょう。さらに、日常的に写真を趣味としている人はともかく、毎日カメラを使う人はいません。何かの行事や旅行の時に、使いきりカメラを買い、写真を撮るという便利さが受けたのかもしれません。ですが、この便利さはデジタルカメラの登場に取って代わられてしまいました。

現像までのタイムラグ

そんな使いきりカメラがなぜ再ブームとなっているのでしょう。そこには、現像に出してあがってくるまで、どのような写真ができるかわからないというワクワク感があるのかもしれません。さらにデジタルカメラの写真プリントをコンビニや家電量販店で行う人がいるように物理的なものとして、写真を所有する喜びもあるでしょう。

「中国ではお湯はタダ?」の詳細を調べる

    
コメント