付け焼き刃の意味とは?

よく準備をせずに、一時的な間に合わせをやることを付け焼き刃と言いますね。なんとなく使っている言葉ではありますが、実際にはどのような意味があるのでしょうか。さらには付け焼き刃とはどういう状態を示すものなのでしょうか。


付け焼き刃とは?

付け焼き刃とは、本来の意味は一見すると切れそうに見えるものの実際には切れない刀を意味するものです。切れ味の悪い刀に鋼の焼き刀をその場でつけたことが由来となっています。そうした対策を取ったとしても結果的には切れない刀のままでありますから、実際の戦場で役立つということはありませんね。

一時的なもの

それは試験前の一夜漬けと同じようなもので、一時的に知識などを覚えていることを指しています。その場では実際に役立つことはほとんどなく、さらに将来性に至ってまでを考えようとすれば、ほとんど意味をなさないといったこともそこではあるでしょう。

間に合わせでしかない

付け焼き刃は、刀にさらに焼いた刀を間に合わせのようにしてつけることを言いますね。それは、見た目はなんとなくそれっぽく見えていたとしても実際に活用されることはないということにもなるわけです。それは着慣れていない服を無理に着た場合などにおいても起こり得る可能性が高いでしょう。やはり普段からの慣れといったものが大事だと言えるでしょうね。

    
コメント