筑波山どこまで見える?

筑波山は茨城県の中心部に存在する山です。標高は877メートルと、それほど高くないのですが、まわりを平地にかこまれているため非常に目立ちます。筑波山はどこまで見えるのでしょうか?


海ほたるからも見える

筑波山というのは茨城県の中央部にありますから、千葉県の北部などからはのぞめます。晴れた日などはくっきりと稜線をのぞむことができます。船橋市や千葉市のあたりからでも、空気が澄んだ日には筑波山がのぞめます。さらに東京湾上に浮かぶ、東京湾アクアラインの海ほたるからでも、千葉市の市街地の向こう側に筑波山をはっきりと望むことができます。

北関東一帯からも

さらに筑波山は北関東一帯からものぞむことができます。平地ばかりではなく、山岳地帯からでも、山間の中に筑波山が見えることがあります。

北アルプスからも

さらに富山県、長野県、岐阜県にまたがってつらなる北アルプスからも、筑波山が見えたという報告があります。空気が澄んだ冬の早朝という限られたタイミングで年間に数日見えるか、さらにカメラの望遠レンズを使ってとらえられるか、という条件が課せられますが、まわりにさえぎるものがない限り遠望は可能なのです。

「火山の定義とは?」の詳細を調べる

    
コメント