牛は「赤い布」に興奮する?

闘牛のシーンなどを眺めていると、マタドールが赤い布を牛の前でちらつかせて、牛の興奮を煽っている場面が見えます。そのため、牛は赤い色に興奮すると思われがちですが、これは間違いです。


牛は色がわからない

赤色は血などを連想させるため、牛が興奮しているのだと思われがちです。そのため、牛に近づく時は赤い色の服は避けたほうがいいと思っている人もいるのですが、そんなことはありません。

そもそも牛の目の構造は、2色しか識別できません。光には青、緑、赤の三原色があります。人間は三色の色を見分けられます。牛はそのうち青は認識できるのですが、他の色は混同して認識してしまいます。そのため、赤色を赤と認識することができないのです。

色の区別がつきません。そのため何色の布を見ても同じなのです。

ではなぜ牛が興奮しているのかと言えば、布の動きに対してであると言われています。高名に布をちらつかせることによって牛の興奮が高まるようになっているのです。

闘牛は残酷?

人間と牛が戦う闘牛はスペインなどで見られる伝統的な競技ですが、最終的には勝負の決着をつけるために、牛を刺し殺すことになります。そのため、残虐な動物虐待なのではないかという批判も巻き起こっています。

さらに、牛の角が人間を直撃するといった事故も起きていますので、伝統と安全性の兼ね合いについての議論も巻き起こっています。

「新鮮なカルビ」は美味しくない!? 知っておきたい牛肉熟成の知識」の詳細を調べる

    
コメント