電脳と脳筋って?

中国語のフレーズは、漢字で構成されていますので、中国語がわからなくとも日本人ならばなんとなく意味がわかります。そんな中国語の単語の中には、そのものズバリな表現がなされているものが多くあります。

電脳とは?

その一つに電脳という言葉があります。これはコンピューターを指す言葉です。人間の脳のような複雑な思考や計算を可能とするツールが電脳でありコンピューターなのです。さらに中国では電脳街と呼ばれる場所が多くありますが、そこで扱われているものはパソコンだけでなくスマートフォンもあります。むしろそちらの方が大勢を占めるといえるでしょう。スマートフォンは電話機ではなく、電脳、コンピューターだと明確に表しているのです。

脳筋とは?

一方で人間の脳は何と表されるのでしょうか。こちらは脳筋と記されます。人間の肉体にある筋肉のひとつとして脳の筋肉があるのです。日本語だと「脳筋」というと「脳みそまで筋肉」といったネガティブな意味で使われますが、中国語では脳みそも筋肉のひとつと捉えているのでしょう。体が資本といった考え方がそこにはあるかもしれません。さらに、頭を悩ませるようなやっかいな出来事は「大傷脳筋と表現されます。これも実にシンプルですね。漢字表現の奥深さを知ることのできる例のひとつだといえます。