雁首銭とは何か?

雁首銭と呼ばれるものがあります。これはがんくびせんと読みます。これは一体どのようなものなのでしょうか。


偽金である

雁首銭とは、キセルの頭部である、雁首を叩き潰したものです。真ん中に穴が空いているので、お金のように見えなくもありません。ただ、そのまま渡されれば明らかに違和感を覚えます。もちろん、本物のお金ではありませんから、それは偽金ということになりますね。

混ぜて使われた

雁首銭は室町時代の終わりから江戸時代のはじめにかけて出回っていたと言われています。どのような用途で使われたかといえば、ほかの銭と混ぜて使われていたとされています。当時は100枚や50枚といった綴りにしてお金を渡していましたから、それを数える、きちっと1枚1枚調べるといったことが行われない場合は、1枚とカウントされてしまったのでしょう。

どちらが高い?

もちろん、この雁首銭は、金銭としての価値はありません。ただ、雁首銭は、四文銭100枚をひもでまとめた一文銭のなかに入れられて流通したものであり、一枚あたりの価値はとても低いものでした。銭の価値と、キセルの頭の金属部の価値、どちらが高いのかといえば、かなり微妙で、トントンといったところなのではないでしょうか。そのため、キセルの頭を代用したとしても、それほど社会問題とされていなかったのかもしれません。

    
コメント