米軍は世界のどこにいる?

現在日本に駐留している米軍の人数はおよそ4万人といわれています。お隣の韓国にも同じくらいの米軍がいます。日本や韓国に限らず米軍は世界のどこにでもいます。


ドイツ、イタリアにも

米軍が駐留している場所は、第二次世界大戦の結果がそのまま当てはまります。日本に同じく枢軸国側として戦って負けた、ドイツやイタリアには現在米軍が駐留しています。中でも在独米軍の数はおよそ7万人であり、世界の中でももっとも多い数となっています。現在はドイツのみならず、中東政策においても在独米軍は重要な位置づけとなっています。イタリアにはおよそ1万人の米軍がいます。

紛争地にもいる

さらに、紛争地にも米軍がいます。アフガニスタンには現在もおよそ7500人の米軍がいます。最盛期には2万人を超える人数がいました。さらに、自称イスラム国問題で揺れる中東にも、カタール、クウェート、サウジアラビア、ジブチ、バーレーンなどにも、米軍が駐留しています。

海の上にも

さらに、海上にも、空母が常に海上に位置しています。世界の各地で何かが起こった場合には、迅速にかけつける、あるいは地上部隊のバックアップができるように待機しているのです。アメリカ軍は陸上、海上を問わず世界のどこにでもいるということができるでしょう。

「100ドル札はアメリカで使えない?」の詳細を調べる

    
コメント