中国はなぜ人口が多い?

中国は世界で一番人口が多い国です。現在の人口はおよそ14億人です。現在も、増え続けています。中国の人口増というのは、はるか昔から存在していました。そもそも、なぜ中国は人口が多いのでしょうか?


土地が豊富だった

まず第一に中国は、世界4大文明のひとつが発達した場所であり、古来から栄えていました。その理由は、大きな河があるため、植物が育ち、農耕も可能となるため、安定した生活ができる場所であったということがあげられるでしょう。豊富な水があるため、生活の基盤が確保できます。さらに食料が多く確保できるため、餓死などの危険が比較的少なくなります。さらに、河に沿って平地も多く生ずるため、生活できる場所が多いというのもあげられるでしょう。残る3つの文明、インダス、エジプト、チグリス・ユーフラテスも、すべて大きな河のそばで発達しています。

コネクション社会

さらに中国は、昔も今もコネクションがものをいう世界です。自分たちと縁のある家族を多く抱えることによって、仕事やポストを融通し合い、利益を独占したいという意図があったのです。そのため、次々に子どもを産んで増やすことで、自分たちの身内に多くの利益を誘導しようという考え方があったのです。

今も増え続けている

中国の人口は現在も増えていますが、「一人っ子政策」により、抑えられつつあります。将来的にはインドの人口が中国を抜くといわれています。

「焼肉のことばかり考えてる人が考えてること(松岡大悟)」の詳細を調べる

    
コメント