ワーキングホリデーの受入国は?

ワーキングホリデーは、ワーホリと呼ばれる制度です。二国間の協定に基づいて、青年が相手国で滞在し、観光旅行の人間には認められていない労働が許可されるものです。


青年の定義は?

ワーキングホリデーにおける青年の定義は18歳から25歳、ないし30歳までとされています。滞在期間は通常1年から2年ほどとなっています。原則的に一つの国において、一度しか利用できないため思い出としてワーキングホリデー制度を利用する人もいます。

年齢は?

ワーキングホリデーを利用する年齢は、20歳前後と、30歳手前に集中しているといわれています。20歳前後というのは相手国に滞在するために一定額の貯金が必要なため、高校卒業後、あるいは在学中からアルバイトで資金をためてワーキングホリデーに出発する人がいるためです。30歳手前というのは、言わずもがな、ワーキングホリデーの青年の定義を越えてしまうからです。つまり、ぎりぎりの年齢で思い切ってワーキングホリデーに旅立つというものです。

受入国はどこ?

ワーキングホリデーで向かう国といえば、オーストラリアや、ニュージーランド、カナダなどが人気のようです。英語圏なので、英語の勉強になる。さらに、比較的治安がいいといったことが安心できるポイントのようです。さらに年間の受入人数も多いので、申請をすればまず許可が降りるといったことも魅力的のようです。ですが、ワーキングホリデーを受け入れているのはこれらの国ばかりではありません。

ほかの国は?

日本人のワーキングホリデーを受け入れている国は、アジアだと香港、韓国、台湾などがあります。ヨーロッパではデンマーク、フランス、ドイツ、アイルランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、イギリスが受入を行っています。何か学びたいことがある、その国に思い入れがあるという場合には利用しても良いかもしれません。

導入予定国も

さらに、イタリア、スペイン、ハンガリー、イスラエルといった国も、ワーキングホリデー制度導入に向けて動いています。

「海外旅行に役立つ情報集」の詳細を調べる

    
コメント