ラッパ飲みのラッパとは?

ラッパ飲みと呼ばれる飲み方があります。ビン入りの飲料を直接口をつけて飲む行為です。これはなぜラッパ飲みと呼ばれているのでしょうか。


文字通りラッパ

ラッパ飲みのラッパとは文字通り、金管楽器を吹いているように見えることからそのような名がつけられました。確かにビン飲料は、口の部分が細くなっており、下の部分が太くなっていますので、そのように見えるのでしょう。

下品な飲み方?

ラッパ飲みは豪快な飲み方といった見方ができる一方で、なかなか下品な飲み方であるとも言えるでしょう。スポーツ観戦や、あるいはアウトドアシーンなどにおいてはラッパ飲みというのは良いとしても、例えば居酒屋などではラッパ飲みはなかなか歓迎されない飲み方となるのではないでしょうか。いわばコップがないところならば、仕方なく飲んでいるといった風に扱われますが、それ意外の場所では時と場所と考える必要があるでしょう。

時と場合が重要

ラッパ飲みに関してはいろいろと議論が分かれるのは確かですね。グラスがあるところでは基本的にはラッパ飲みはすべきではない、というのがマナーとしては妥当なところだと言えるかもしれません。さらには友人ならともかく目上の人がいる場所でも、マナーとしてラッパ飲みは慎むべきでしょう。

    
コメント