ライター志望と編プロ

文章を書くライターを志望する人はまず編集プロダクションに入るべき、ということがよくいわれています。これは本当でしょうか。


出版の仕事が覚えられる

編集プロダクションというのは、出版業界で、本や雑誌の制作の下請けをになっている会社です。とはいっても、作業の一部分を担うのではなく、取材のオファーから、原稿執筆、レイアウトまでを一通り行い、出版社に納品する「完パケ」と呼ばれる作業を行うところがほとんどです。編集プロダクションに入ればライターとしての勉強だけではなく、本作りのノウハウが一通り覚えられるというのが、メリットだといえるでしょう。とはいっても、少ない予感と限られた時間の中で、仕事をこなさなければいけないため、編集プロダクションは激務であり薄給だといわれています。

仕事が限定される

さらに編集プロダクションというのは下請け会社のため、どうしても仕事の内容というものが限定されてしまいます。例えばアダルト系の出版物を多く作っている編集プロダクションは当然、エロ本だけを作ることになります。旅行雑誌の編プロは、旅行雑誌を作り続けることになります。海外取材や、温泉取材といったものよりも、電話番号のチェックなどの地味な作業が多くありますので、雑誌のイメージだけで仕事を想像してしまうのは早計でしょう。どうしても好きなジャンルがあるならば、それに特化した編プロを探して、コンタクトを取ってみるのもアリでしょう。

「トキワ荘時代の漫画連載枠は?」の詳細を調べる

    
コメント