残暑はいつから?

残暑という言葉があります。秋になっても残る暑さのことをいいます。残暑とはいつのことを指すのでしょうか。


8月は残暑?

残暑というのは暦の上での秋となる立秋を過ぎてから残る暑さをいいます。立秋というのは毎年異なりますが、だいたい8月7日ごろといわれています。そうなると、お盆というのはすでに残暑に突入していることになります。ですが、8月の暑さを残暑と思っている人はいないのではないでしょうか。感覚的には9月まで暑さが残っているというのが実際のところかもしれません。

高校野球は秋にやっている?

8月7日頃といえば、夏の高校野球である甲子園での大会がはじまることです。炎天下の下、汗だくでプレーする高校球児たちの姿は青春の1ページとして美しいものですが、これも残暑であり、暦の上では秋なのだといわれても、納得できる人はいないでしょう。

残暑見舞いの時期は?

夏場には挨拶状として残暑見舞いを送ることがあります。これはいつからいつまでを指すのかといえば、立秋から、8月いっぱいまでとなります。9月に入れば、夜などは涼しいなと感じることも多いですから、残暑見舞いは季節遅れということになってしまうのでしょう。連日暑い日が続いていますが、8月は立秋をすぎれば暦の上では秋と思えば、多少涼しくなるのかなと思いつつも、実際はそんなことはなさそうです。

「中村一義と千葉テレビ」の詳細を調べる

    
コメント