宿泊タイプの介護施設の居室の種類。従来型個室、多床室、ユニット型個室の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
宿泊タイプの介護施設の居室の種類

ショートステイタイプの短期入所施設や介護老人福祉施設、介護療養型医療施設などの入居型施設で生活する居室の種類と違いを紹介します。


1. 従来型個室

1つの居室に1人で利用します。ユニット型個室が標準となったため、「従来型個室」と呼ばれています。ユニット型個室よりも利用料が安いのが特徴です。

2. 多床室

1つの居室を複数人で利用します。いわゆる大部屋です。定員は4人以下とされています。

3. ユニット型個室

個室+共有スペースのタイプをユニット型個室と言います。居室10室単位でロビー、ダイニング、キッチン、トイレなどを共有します。介護職員はユニットごとに専任となるため、従来型個室よりも手厚いサービスを受けることができますが、利用料金が高くなることがデメリットです。

厚生労働省がユニット型個室を推進しているため、新設する施設はユニット型個室が導入されるようになっています。

4. ユニット型準個室

ユニット型と内容は同じですが、多床室を分割して個室にする場合など部屋が完全な個室になっていません。

次の記事「短期入所生活介護」
前の記事「ショートステイ(短期入所)サービスの種類」

    
コメント