科学・学問

歴史、哲学、科学など学問に関する情報を紹介しています。

  • パッシブドッグ、アグレッシブドッグって?

    海外旅行などから戻ってきたときに、空港の手荷物のテーブルを麻薬探知犬が歩いていることがありますね。自分はまったく身に覚えがなくとも、何か反応をされてしまうのではないかと不安な思いに駆られた人も多いのではないでしょうか。ところで、この麻薬探知犬は2種類存在するのをご存知でしょうか。

  • 脳の残り97%を使う

    脳は実はそのすべての容量を使い切っていないといったいわれはよくありますね。しかしながら、どうにも根拠が希薄といった見方もあります。そうしたなかで脳機能学者としての顔を持つ苫米地英人による『残り97%の脳の使い方』(ポケット版)(フォレスト出版)は非常に参考になる本です。

  • 月面反射通信とは何か?

    無線通信技術のひとつに月面反射通信なるものがあります。なんともSFチックな響きですが、これは地上から月面に電波を発して、はね返ってくる電波を受信するものです。簡単な原理ではありますが、技術的には大変難しいものです。

  • ポルトガルの最高峰は?

    ポルトガルはヨーロッパの西の端に位置する国家です。周囲を海岸線に囲まれているため魚介類が名物として知られています。海のイメージがあるポルトガルですが、実は山もあります。このポルトガルの最高峰はどこにあるのでしょうか?

  • 日付変更線なぜ太平洋上?

    太平洋の上には日付変更線が引かれています。日本から東へ向かった場合、日付変更線を超えると1日戻ります。そのためハワイとの時差はマイナス19時間となります。逆に、ハワイから日本へ戻る場合は日付変更線を跨ぎますので、プラス1日となります。なぜ、この場所に線が引かれたのでしょうか。

  • 内陸国はどれくらいある?

    内陸国と呼ばれる国があります。これは四方を陸の国境に囲まれて海に接していない国家となります。内陸国は世界中において現在48カ国あります。内陸国はそれぞれの大陸に存在しています。海はどこの国にでもあると思いきや、国土成立の過程によってはそうではない場合もあるのです。

  • 群島と初頭の違いは?

    北方領土の返還をめぐる報道において、北方四島のひとつである歯舞について、歯舞群島といった呼ばれがなされています。かつては歯舞諸島と呼んでいたときもありました。そもそも、群島と諸島はどのように違うのでしょうか。

  • 小笠原諸島とブニンアイランド

    小笠原諸島は、日本本土から南に約1000キロ離れた離島です。この島は、英語圏ではブニンアイランド(Bonin Island)と呼ばれています。これはなぜでしょうか。

  • オーストラリアを地理で知る

    オーストラリアは日本の真南に位置する大陸です。身近にありながらもどこか遠い存在であるのは確かでしょう。オーストラリアというと、若者が働きながら英語を学ぶワーキングホリデーの渡航先として人気がありますね。あるいは日本と季節が真逆となるために観光地としても人気があります。

  • 市町村どれだけある?

    行政区分として市町村があります。東京の特別区を除いた行政区分はすべてこちらに所属することになります。

  • 日本と朝鮮半島、なぜ時差がない?

    日本から韓国へ旅行する場合、海外旅行で意識すべき時差はありません。日本が朝の8時ならば韓国のソウルも同じ時刻です。さらに北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国も、時差がありません。一時には平壌時間と呼ばれる、日本と韓国より30分遅れた時間を取っていましたが、現在では使われていません。

  • 岐阜羽島なぜできた?

    インターネット上に流通している画像で、開業当初の何もなかった新横浜駅や岐阜羽島駅が話題となっています。確かに見事なくらいに何もありませんね。新横浜駅は、横浜アリーナなどができあがり都市として発展しています。さらに岐阜羽島駅も周辺に商店街の形成や、ビジネスホテルの設置などが行われることによって、発展が始まっています。

  • 自衛隊に学ぶ防災術

    災害はある日突然やってくるものです。しかしながら、そこに対してどのように対処するのかという備えがあれば、より具体的な対策ができるとも言えるでしょう。まさに備えあれば憂いなしですね。

  • ワハーン回廊とはどこか?

    世界地図を見ていると、中国は多くの国と陸路で国境を接していることがわかります。その中の西の果てに注目すると、アフガニスタンとも国境を接していることがわかります。

  • 大阪と新大阪なぜ別?

    新幹線の駅において、大阪駅と新大阪駅は別になっています。2つの駅は淀川を挟んで1駅です。横浜駅と新横浜駅のように大きく離れているわけではありません。なぜ新幹線は大阪駅に乗り入れなかったのでしょうか。

  • やばい日本史を学ぶ

    歴史というのは、さまざまな事象が合わさって作られるものです。さらに、歴史は非常に多面的な要素を持ちます。ある歴史がある国では正当とされ、別の国では異なる歴史が紡がれます。それはひとつの国ばかりではなく、人種や性別年代などさまざまな分類によって変わってくるでしょう。

  • 十国峠見える国は?

    箱根に十国峠という場所があります。この場所は、かつてそこから10の国が見渡せたことから、その名前がつけられました。その10の国とはどのようなものなのでしょうか。

  • 大学の東西南北の記録は?

    日本各地には多くの大学があります。それでは、そのなかでも東西南北それぞれの最も端にある大学の記録はどこなのでしょうか。

  • テントウムシの世界を知る

    テントウムシというのは、すぐ身近にある存在ながら、ナナホシテントウくらいしかなじみがありません。実際のところ、テントウムシというのは無数の種類が存在しているのです。そのような奥深きテントウムシの世界を知ることができる本が、阪本優介による『テントウムシハンドブック』 (文一総合出版)です。

  • とっさの災害にそなえるには?

    防災というのは、とても重要な要素です。しかしながら、いざその現場や場面に直面した場合に冷静な行動が取れるのかといえば、それは誰しもできる保障はないと言えるでしょう。それでも、備えあれば憂いなしではありませんが、きちっと予備知識として防災について考えておく必要はあるでしょう。

1 / 11 1 2 3 4 5 最後 »