生物

  • ヤギはなぜ紙を食べる?

    ヤギの不思議として紙を食べるというものがありますね。これはなぜなのでしょうか。

  • 霊長類の霊長って?

    動物の分類において霊長類と呼ばれるものがあります。霊長類に含まれるものは、サルと人ですね。サルに関しては細かい分類があり、キツネザルやメガネザルも霊長類に含まれます。さらに類人猿と呼ばれる、ゴリラ、チンパンジー、オランウータンなどはよく知られていますね。この霊長というのはどういった意味があるのでしょうか。

  • パッシブドッグ、アグレッシブドッグって?

    海外旅行などから戻ってきたときに、空港の手荷物のテーブルを麻薬探知犬が歩いていることがありますね。自分はまったく身に覚えがなくとも、何か反応をされてしまうのではないかと不安な思いに駆られた人も多いのではないでしょうか。ところで、この麻薬探知犬は2種類存在するのをご存知でしょうか。

  • テントウムシの世界を知る

    テントウムシというのは、すぐ身近にある存在ながら、ナナホシテントウくらいしかなじみがありません。実際のところ、テントウムシというのは無数の種類が存在しているのです。そのような奥深きテントウムシの世界を知ることができる本が、阪本優介による『テントウムシハンドブック』 (文一総合出版)です。

  • カラスは人間とどう関わってきた?

    カラスは私たちにとって身近な存在でありながら、あの黒づくめの姿は不吉な象徴として忌み嫌われることも少なくありません。しかしながら、長年人間と深い関わりのあった存在であることは確かです。

  • アジの由来は味?

    魚のアジはとてもおいしいものです。刺し身のほか、フライ、南蛮漬けなど、さまざまなメニューに応用できるでしょう。魚の中でもかなりおいしい品種ですが、その名の通り、アジの語源は味が良いためとされています。

  • 動物と人間の関わりを知る

    動物は、人間と深い関わりのある存在です。なによりも人間自体がひとつの動物であります。そんな動物と人間の歴史を知る良書として『紙の上の博物画:博物画』があります。シャーロット・スレイ著、堀口容子翻訳によりグラフィック社から出版されています。

1 / 1 1