アジの由来は味?

魚のアジはとてもおいしいものです。刺し身のほか、フライ、南蛮漬けなど、さまざまなメニューに応用できるでしょう。魚の中でもかなりおいしい品種ですが、その名の通り、アジの語源は味が良いためとされています。


アジの語源は味?

魚はさかなへんがついていますが、味はさかなへんに参と書きます。これは何か語源があるようでいて実はそうではありません。アジはもともと、さかなへんに操の文字があてられていましたが、右側の文字を参と間違って書いてしまい、それが定着したものと言われています。さかなへんに参とはいっても、この文字には意味はありません。

アジは海水語の総称

アジという魚は通称はマアジをさしますが、それ以外にもマアジ、シマアジ、ムロアジ、ブリ、カンパチなどもアジと総称してさします。確かにこれらの魚はどれもおいしいものですから、味が良いという理由からアジの名前がつけられたのでしょう。全国各地で獲れますし漁獲量も多いため、古くから庶民の魚として親しまれてきたのでしょう。だてにアジという名前がついていませんね。さらにアジに類する魚は世界各地で獲れますが、特に日本で獲れるアジはとりわけ味が良いといわれています。身近にありながらも意外と知られていないお魚にまつわるお話でした。

    
コメント