南極の領有を主張している国は?

南極は地球の一番南にある大陸です。この大陸は南極条約によって、どこの国も領有しない、さらに軍事利用を行わないと定められています。しかし、中には南極の領有を主張している国があります。


どこの国が主張している?

南極の領有を主張しているのは、南極大陸に近い国です。オーストラリアやニュージーランドは南極の領有を主張しています。日本から南極探検へ向かうときにはオーストラリアなどを経由して向かいますから、そこにおいては確かに領有を主張する根拠はあると言えるでしょう。

南米大陸でも?

さらに南極にもっとも近い南米大陸にあるアルゼンチンとチリも領有を主張しています。アルゼンチンからは実際に南極観光のツアーなども行われていますから、こちらもある程度の根拠があります。

フランスやイギリスも

さらにフランスやイギリスも南極大陸の一部の領有権を主要しています。こちらも、南太平洋と南大西洋に小さな島を領有していますので、そちらを根拠として南極大陸の領有を主張しています。さらに初期の南極探検において活躍したノルウェーも、ドローニング・モード・ランドと呼ばれる広大な地域の領有を主張しています。それぞれの国が主張を行っていますが、現在軍事的な実効支配などの強硬手段には出ていませんし、各国ともに領有する地域が重複していることもあり、主張をするにとどまっていると言えます。

    
コメント