岐阜羽島なぜできた?

インターネット上に流通している画像で、開業当初の何もなかった新横浜駅や岐阜羽島駅が話題となっています。確かに見事なくらいに何もありませんね。新横浜駅は、横浜アリーナなどができあがり都市として発展しています。さらに岐阜羽島駅も周辺に商店街の形成や、ビジネスホテルの設置などが行われることによって、発展が始まっています。


政治駅の代名詞?

なぜこの駅ができたのか。東海道新幹線は、当初は最短ルートを通って名古屋から先は鈴鹿山脈を越えた大阪までの一直線のルートが計画されていました。しかし、予算がかかることから東海道本線と同様のルートを通ることになりました。しかし、岐阜まで線路を伸ばすと遠回りになってしまうため岐阜市を経由しないルートが画策されました。

一県一駅

そうなると岐阜は素通りという形になってしまい問題があるということで、岐阜県内にかかる羽島市内に新幹線の駅が設置されることになりました。これはひとつの県にひとつの新幹線の駅をという構想に基づいたものです。これは、現在建設が進んでいるリニア中央新幹線においても同様の議論が起きていますね。このような駅はいわゆる政治駅と言われており、全国各地に存在しています。かつては我田引鉄とも呼ばれた現象は、現代にいたるまで続いているとも言えるでしょう。

    
コメント