日本と朝鮮半島、なぜ時差がない?

日本から韓国へ旅行する場合、海外旅行で意識すべき時差はありません。日本が朝の8時ならば韓国のソウルも同じ時刻です。さらに北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国も、時差がありません。一時には平壌時間と呼ばれる、日本と韓国より30分遅れた時間を取っていましたが、現在では使われていません。


なぜ時差がない?

日本と朝鮮半島にはなぜ時差がないのでしょうか。ほぼ同じ地域にあるという地理的な理由はありますが、同様の状況であったとしても隣国で時差が設定されている場合もあるためです。

昔は時差があった?

日本はかつて朝鮮半島を併合していた歴史があります。しかしながら、それ以前は30分の時差がありました。やはり隣国ということで、異なる時間を採用していたのです。しかし、日本が朝鮮半島を併合するとその時差は廃止されます。その地域が日本の一部となったわけですから、国内において時差があるとなるといろいろと不都合が生ずることにもなるためでしょう。

戦後も違った?

さらに韓国は、戦後である1954年に、日本と30分の時差を設定しました。しかしながら、1961年には元に戻されています。このことについては、日本と韓国には米軍が駐留しているため統一されたといった話もあります。

    
コメント