大阪と新大阪なぜ別?

新幹線の駅において、大阪駅と新大阪駅は別になっています。2つの駅は淀川を挟んで1駅です。横浜駅と新横浜駅のように大きく離れているわけではありません。なぜ新幹線は大阪駅に乗り入れなかったのでしょうか。


急カーブを避けるため

新大阪駅が作られた大きな理由は、急カーブをさけるためです。新幹線は大坂の北から南に下るように伸びています。さらに、そこから神戸方面へ向かうには、ぐるりと方向を西へ変える必要があります。これを大阪駅まで延ばしておこなうと、現在の新大阪以上に急カーブとなってしまいます。さらに、淀川を渡って、大阪駅を経由してもう一度渡るとなると、鉄橋を2つ建設する必要があるので予算もかかります。さらに新幹線は大阪止まりではなく、すでに山陽新幹線の建設計画もありましたので、延伸を考えた場合には、現在の新大阪駅の方が都合が良かったのです。そうした事情があるため、大阪駅とは別に新大阪駅が建設されることになったのです。

土地がなかった

さらに大阪駅は、大阪の玄関口である梅田があり、古くから栄えていました。そのため、すでに余っている土地がないため用地取得が困難という事情もありました。梅田には阪急電鉄や阪神電鉄などの私鉄も乗り入れていますので場所がありません。地下トンネルを掘って作るという方法もありますが、それだと予算もかかります。そのため、大阪駅の北、淀川の対岸にある土地を利用して新大阪駅が作られたのです。

    
コメント