日本史

日本の歴史を紹介しています。平家、戦国時代など日本史についての雑学を知ることができます。

  • 検閲の深みを知る本

    検閲は表現の自由を侵すものとして、現在は日本国憲法で禁止されている行為です。しかしながら、戦前はあらゆる出版物が内務省によって検閲されていました。

  • 80年代にも学生運動があった?

    学生運動と聞いて思い浮かべるイメージはなんでしょうか。モノクロ映像でニュースに流れる東京大学の安田講堂の陥落シーンなどが代表的でしょう。そのような遠い過去の出来事として記録されているのが学生運動の通俗的なイメージかもしれません。

  • 横浜ピジン語とは何か?

    ピジン言語と呼ばれる言葉があります。これは、現地人と貿易商人など外国語を話す人々が最低限の意思疎通を行うためにできあがった言語です。例えるなら、英語では文法的に間違っていたとしても最低限の単語を並べれば意思が通じることがあります。それがピジン言語であるといえるでしょう。

  • 平成とは何だったのか?

    平成30年を振り返る本が多く出ていますが、その中でも変わり種といえるものが森達也による『FAKEな平成史』(KADOKAWA)です。本書は平成史を振り返るにあたり、映像作家、映画監督として森達也が監督してきた作品を、各人へのインタビューとともに考えていく構成になっています。

  • 戦後史を現代につなげる

    日本史の勉強は多くの人が小学校から中学、高校にかけて行います。特に高校の日本史は、大学受験の科目として選択する人も多いとあって、旧石器時代からじっくりかけて学びます。ところが、古い時代から始めるため、現代史、特に戦後の歴史はないがしろにされがちです。

  • 大江戸八百八町の範囲は?

    時代劇などで「大江戸八百八町」という言葉がよく使われます。江戸が当時、世界で有数の大都市であったのはよく知られている話です。しかしながら、果たして本当にそれだけの町数はあったのでしょうか。

  • 日本の現代はいつはじまった?

    時代を大きくとらえる方法として、現代や近代といった区分があります。それによって見えてくるものもあるでしょう。

  • おばあちゃんの名前なぜカタカナ?

    おばあちゃんの名前は、ひらがなやカタカナ、特にカタカタ二文字の人が多くいます。これはなぜでしょうか。ひらがなの場合は現在でも、そうした名前を持つ人がいますが、カタカタは非常に珍しい存在です。

  • 縄文時代の縄文って?

    日本には縄文時代という古い時代があります。この時代はなぜ縄文と言われるのでしょうか。 土器の縄 縄文時代の縄文とは、土器に縄でつけた模様をさしています。土の粘土でつくられた土器に、縄を転がすことによって独特の模様をつくり上げるようになります。こ

  • 日本人論の種類別は?

    日本人論と呼ばれるジャンルの本があります。基本的に、日本および日本人とは何かを問いかけたものです。アプローチの仕方はさまざまであり、日本の経済に焦点を当てたものから、日本の歴史や文化を取り上げたものもあります。日本人論にはどのような種類があるのでしょうか。傾向

  • 江戸時代の人と話せる?

    歴史ものの漫画などで、過去へタイムリスップしてその時代の人たちと話をする場面があります。当然漫画なのですらすらとコミュニケーションが取れていますが、実際のところはどうなのでしょうか? 明治以降の日本語 実は現在私たちが話している日本語とは明治時

  • 歴史学研究は退屈か?

    歴史というは面白いものです。現在に生きる我々は歴史のすべての展開を知っています。あの時にこうしていればという「歴史のイフ」を問いかけることも可能です。NHKで放送されていた「その時歴史は動いた」などは、歴史モノとしてはかなり人気の高い番組でしょう。

  • 慶應で先生は一人だけ?

    慶應義塾大学は日本の有名大学のひとつです。通常、大学の教授や講師は先生と呼ばれます。しかし、大学では、先生と呼ばれる人は一人しかいません。 福沢諭吉だけが先生 慶應義塾大学で、先生と呼ばれる人間は創設者の福沢諭吉しかいません。日本人ならば、1万

  • 江戸時代はどれほど昔か?

    江戸時代といえば明治時代の前にある時代です。幕末まで日本は鎖国をしていましたから、外国文化が入らず日本独自の文化が展開していました。江戸時代とはどれほど遠くの時代なのでしょうか? 実は身近な江戸時代 江戸時代というのは徳川十五代将軍の慶喜が大政

  • 日本史の「if」下関は日本の香港になっていた?

    本州の西の端にある山口県下関市に彦島という場所があります。島といっても陸地と一番近い場所は10メートルも離れていません。宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で知られる巌流島も近くにあります。この彦島は、香港のようになっていた可能性があるのです。 申し出ら

  • ザビエルは「てっぺんハゲ」じゃない?

    フランシスコ・ザビエルの肖像画は歴史の教科書などで誰もが目にしたことがあるでしょう。目鼻立ちがはっきりとした西洋人の顔立ちと、黒いマントを羽織った宣教師の出で立ちは誰もが知るところです。何よりもインパクトがあるのは頭頂部でしょう。きれいなハゲ頭となっています。

  • 幕末のロシア外交は何語で行っていた?

    日本は江戸時代に約300年間にわたって鎖国政策を行っていました。しかし、末期になると諸外国が日本の周辺へ現れるようになります。太平洋の西の果てにある日本は、船の寄港地として重要な場所であったためです。 ロシア外交のはじまり さらに、幕末には国境

  • 偉人をねこ化した『ねこねこ日本史』、コミックスもグッズも大人気

    「もしも、あの偉人が猫だったら…?」というテーマで描かれた、そにしけんじさんの4コママンガ『ねこねこ日本史』。ねこじゃらしで民衆をあやつる卑弥呼、法隆寺でつめとぎする聖徳太子、マタタビにおぼれる大石内蔵助など、ねこと偉人の特性が絶妙にマッチしたギャグが話題をよ

  • 練馬大根はなぜ有名? 江戸時代で練馬が有名になった理由

    練馬大根はなぜ有名なのか知っていますか? それは、江戸時代に練馬が有名になった理由に秘密があります。 江戸時代の練馬は畑だらけ 江戸西郊を見ると、練馬(練馬区)には畑が多く、蕎麦や牛蒡、薩摩芋などをつくっていました。なかでも有名なのは「練馬大根」で

  • 切腹よりも重い罰? 武士の「召放」はどんな刑罰だったのか

    武士はなにか罪を犯した場合、みずから腹を切ることが多かったと思いがちですが、武士はそれほど切腹をしたわけではありません。体面を保つ意味では、切腹は武士が好む方法ですが、実際によくあったのは「召放」だったのです。 召放とは 召放とは、武士にたいする刑

1 / 4 1 2 3 4 最後 »