やばい日本史を学ぶ

歴史というのは、さまざまな事象が合わさって作られるものです。さらに、歴史は非常に多面的な要素を持ちます。ある歴史がある国では正当とされ、別の国では異なる歴史が紡がれます。それはひとつの国ばかりではなく、人種や性別年代などさまざまな分類によって変わってくるでしょう。


やばい歴史とは?

そうした中においてやばい歴史がある、しかもそれを東大教授が教えてくれるとなったならば、驚くのではないでしょうか。本郷和人監修により、和田ラヂヲほかがイラストを担当したそのものズバリな『東大教授がおしえる やばい日本史』(ダイヤモンド社)は、東大教授が歴史の表と裏をきちっと解説した本です。もちろん大学の先生による監修がなされていますから、やばい歴史は、うその歴史に属するフェイクニュースといったものではありません。

今風のキーワードで解説

本書の面白いところは、今風のキーワードが盛り込まれている点でしょう。たとえば働かないニートは昔からいました。真田幸村などが代表的です。さらに、歴史上の偉人とされている土方歳三は、なんとモテ自慢をするために本を出している人でした。そんな、名前は誰もが知る人物の、意外な一面をうかがえるのが本書だと言えるでしょう。歴史というのは「すごい人」「エライ人」だけで作られたのではありません。表と裏があってこそ歴史なのだと知ることができる良書になっています。

    
コメント