江戸時代

江戸時代の歴史に関する雑学やトリビアを紹介します。日本史好きの人が知っておきたい江戸情報が満載です。

  • 大江戸八百八町の範囲は?

    時代劇などで「大江戸八百八町」という言葉がよく使われます。江戸が当時、世界で有数の大都市であったのはよく知られている話です。しかしながら、果たして本当にそれだけの町数はあったのでしょうか。

  • 江戸時代の人と話せる?

    歴史ものの漫画などで、過去へタイムリスップしてその時代の人たちと話をする場面があります。当然漫画なのですらすらとコミュニケーションが取れていますが、実際のところはどうなのでしょうか? 明治以降の日本語 実は現在私たちが話している日本語とは明治時

  • 江戸時代はどれほど昔か?

    江戸時代といえば明治時代の前にある時代です。幕末まで日本は鎖国をしていましたから、外国文化が入らず日本独自の文化が展開していました。江戸時代とはどれほど遠くの時代なのでしょうか? 実は身近な江戸時代 江戸時代というのは徳川十五代将軍の慶喜が大政

  • 幕末のロシア外交は何語で行っていた?

    日本は江戸時代に約300年間にわたって鎖国政策を行っていました。しかし、末期になると諸外国が日本の周辺へ現れるようになります。太平洋の西の果てにある日本は、船の寄港地として重要な場所であったためです。 ロシア外交のはじまり さらに、幕末には国境

  • 練馬大根はなぜ有名? 江戸時代で練馬が有名になった理由

    練馬大根はなぜ有名なのか知っていますか? それは、江戸時代に練馬が有名になった理由に秘密があります。 江戸時代の練馬は畑だらけ 江戸西郊を見ると、練馬(練馬区)には畑が多く、蕎麦や牛蒡、薩摩芋などをつくっていました。なかでも有名なのは「練馬大根」で

  • 切腹よりも重い罰? 武士の「召放」はどんな刑罰だったのか

    武士はなにか罪を犯した場合、みずから腹を切ることが多かったと思いがちですが、武士はそれほど切腹をしたわけではありません。体面を保つ意味では、切腹は武士が好む方法ですが、実際によくあったのは「召放」だったのです。 召放とは 召放とは、武士にたいする刑

  • 江戸時代に「梅見」で人気があったのはどこ?

    日本では一年中、さまざまな花を楽しむことができます。1年の最初に楽しむ花見といえば「梅見」です。では、江戸時代に「梅見」で人気があったのはどこだったのでしょうか? 梅屋敷 江戸で有名なのは、隅田川沿いの寺島村梅屋敷(墨田区東向島)、蒲田村の梅屋

  • 江戸時代の庶民は果物を食べたのか? 日本における果物の歴史

    現代では、みかん、りんご、ももなど果物をいつでも食べることができます。では、問題です。江戸時代の庶民は果物を食べていたのでしょうか? 果物は嗜好品だった 江戸の人びとは、いまのように果物を食べることはあまりなかったようです。江戸時代では、米の生産に

  • 江戸時代の人口は何人? なぜ江戸には女性が少なかったのか?

    江戸の人口は、武士や奉公人、出稼人など諸国からの流入がつづいて増加しました。では、江戸にはどのくらいの人が住んでいたのでしょうか? 徳川家康時代の人口は15万人 徳川家康が入府したころ、江戸は小さな町にすぎず、人口もそれほど多くはありませんでし

  • いつから一日三度の食事と白米食が普及したのか? 江戸時代が始まりだった?

    日本人なら当たり前の一日三度の食事と白米食。しかし、意外とこの食の歴史は浅いことを知っていますか? 実は江戸時代が白米食の始まりだったのです。 一日三度の食事が普及したのも江戸時代 江戸には近郊から野菜や魚など、さまざまな食材が集まり、食卓は変

1 / 1 1