日本史をストーリーで学ぶ

日本史というのは、どういった記憶があるでしょう。とにかく覚えることが多くて大変だったといった記憶があるのではないでしょうか。しかし、歴史というのはひとつの流れでありストーリーがあるものです。

学び直しとは?

学校教育カリキュラムの学び直しというのは多くの場面において重要なものとされていますが、それをどのように学び直すのかにおいて、やはり大切なものは、遊び心を大切にする、楽しんで学ぶといったものではないでしょうか。そのようなものがなければ、やはりモチベーションというものはなかなか生まれないのではないかと思います。

どうとらえるか?

野島博之による『ストーリーで学び直す大人の日本史講義:古代から平成まで一気にわかる』(祥伝社)は、多くの有名予備校で教鞭をとってきた著者によるストーリーで学ぶ日本史の本です。やはりとてもわかりやすい構成となっており、大河ドラマよりもスリリングが実際の生身の歴史というべきものに触れられる内容となっているといえるでしょう。

楽しんで学ぶ

本書はひとつの受験参考書として定義されるかもしれませんが、それは受験ばかりに限ったことではなく、幅広い教養のひとつとして、さらにはちょっとした話の種としての日本史というものをあらためてとらえなおすのにも適切な本だといえますね。