縄文時代の縄文って?

日本には縄文時代という古い時代があります。この時代はなぜ縄文と言われるのでしょうか。


土器の縄

縄文時代の縄文とは、土器に縄でつけた模様をさしています。土の粘土でつくられた土器に、縄を転がすことによって独特の模様をつくり上げるようになります。これが発掘された時代を縄文時代というようになりました。

なぜ縄がつけられた?

なぜ縄文土器には縄の模様がつけられることになったのでしょうか。実際のところはよくわかっていないというのが実情です。いくつか説があるのですが、当時すでにカゴが存在していたので、それに似たような模様をつけたという考え方もあります。さらに利便性を考えていくならば、持ちやすいようにする、滑り止めとしての効果をねらったといったことも考えられるでしょう。

物語もある?

さらに縄文土器の紋様には、縄文のほかにも、絵が描かれていることもあります。当時の生活風習をあらわしているものがあったかと思えば、さらには宗教的な意味合いが感じられるものもあります。さらに、発掘される地域によって独自の紋様が確認されており、今でいえば流行のようなものがあったとも見られています。これは今でいえば、デザインにあたる分野でしょう。人間というのは縄文時代から、おしゃれに凝っていたともいえるのです。

「江戸時代はどれほど昔か?」の詳細を調べる

    
コメント