日本誕生の歴史を記した「古事記」と「日本書紀」

日本誕生の秘密を解き明かすカギが、神話の時代と歴史をつなぐ書「古事記」と「日本書紀」にあります。ともに天地の始まりから日本国家の成り立ちを説き始め、「古事記」は推古天皇までの、「日本書紀」は持統天皇までの歴史を記しています。今回は日本誕生の歴史を記した「古事記」と「日本書紀」を紹介します。


■「古事記」と「日本書紀」はいつ作られたのか?

奈良時代の初め、712(和銅五)年に日本最古の歴史書「古事記」が完成しました。それから遅れること8年、720(養老四)年には「日本書紀」が編纂が完了しました。両書の編纂が始まったのは、七世紀末の天武天皇の時代のこととされています。

■「古事記」の完成

「古事記」では編纂の経緯が序文に記されており、それによると、天皇家の記録である「帝紀」と豪族の伝承である「旧辞」に偽りが多いことを憂えた天武天皇が「実を定めて、後葉に伝えん」と、それらを正しく定めて、稗田阿礼という人物に誦み習わせたとあります。その後、八世紀初頭の元明天皇の時代に、阿礼が覚えた内容を太安万侶が筆録、書物に編纂して、元明天皇に献上したと記載されています。

■「日本書紀」の完成

一方の「日本書紀」に序文はなく、天地の始まりから記述を始めています。その編纂開始時期は「古事記」より早い681年で、当の「日本書紀」に、天武天皇から下った編纂の勅命が記されています。「古事記」同様、天武天皇が川島皇子ら6人の皇族と、中臣連大嶋ら6人の官人らに命じて、編纂にあたらせたとされています。「日本書紀」はその後、約40年の時を経て完成しました。

■天皇家の私史としての「古事記」

「古事記」は、「帝紀」「旧辞」のみを史料とし、神代から推古天皇までを上中下の三巻にまとめています。そのうち、神話部分がそのうちの約3分の1を占めています。また、天皇家は高天原の最高神アマテラスオホミカミの系譜に位置づけられるとともに、天皇家の周辺にある氏族は、アマテラスを取り巻く神々や、古代天皇の皇子などの系譜上に位置づけられ、統括者である天皇に臣従する存在である根拠を示しています。いわば、「古事記」は天皇家の私史としての色合いが強いのです。

■正史としての「日本書紀」

一方の「日本書紀」では全30巻のうち、神話は神代紀の上下2巻にすぎません。大和に天皇家が成立する以前の神話が多くの分量を占め、物語中に歌謡をふんだんに用いて語られる「古事記」に対して、「日本書紀」はあくまで事実のみを淡々と記しています。また、「帝紀」「旧辞」のみならず、中国や朝鮮といった外国の史料を収集し、異伝をも収録する客観的姿勢をうかがわせます。こうして、大筋では同じ内容ながら、国内向け、国外向けというそれぞれ別の使命を持った歴史書「古事記」と、正史「日本書紀」がともに奈良時代に編纂されたのです。

「古事記」と「日本書紀」の違いを説明しました。日本の歴史を今一度勉強してみてはいかがでしょうか?

「日本の「神話」と「古代史」がよくわかる本(日本博学倶楽部)」の詳細を調べる

    
コメント