戦国時代

戦国時代は様々な戦国武将が活躍した戦乱の時代です。戦国の歴史、戦国大名、戦国武将など戦国時代に関する情報を紹介します。

  • ザビエルは「てっぺんハゲ」じゃない?

    フランシスコ・ザビエルの肖像画は歴史の教科書などで誰もが目にしたことがあるでしょう。目鼻立ちがはっきりとした西洋人の顔立ちと、黒いマントを羽織った宣教師の出で立ちは誰もが知るところです。何よりもインパクトがあるのは頭頂部でしょう。きれいなハゲ頭となっています。

  • 織田信長、徳川家康がもしも日本の経営者だったら

    織田信長、徳川家康がもしも日本の経営者だったらどんな経営者のタイプなのでしょうか?  ■信長はホリエモンタイプの経営者 織田信長は、ある日突然クビにされるかもしれないが、楽しく一緒に仕事をやれる経営者です。若いころから、家臣や庶民と一緒に踊って

  • なんか凄いよ戦国時代!! 戦国時代に起こった凄い出来事。

    日本の歴史上で花形の時代といえば戦国時代。織田、豊臣、徳川の三大スターが生まれた土台を作った時代でもあります。また、戦国時代とは名の通り、戦国武将が活躍し日本全体がカオスな状態でした。政策にしても政治にしても大きく揺れ、安定という言葉が懐かしい時代でもありまし

  • なぜ本能寺の変で織田信忠は京都にいたのか?

    織田信長とともに本能寺の変で討ち死にした後継者の織田信忠は、徳川家康と一緒に堺へ行くはずだったのに、なぜ予定を変更してまで京都にやってきたのかは歴史のミステリーと言われています。なぜ本能寺の変の際、織田信忠は京都にいたのでしょうか? 織田信忠を征

  • 戦国時代の知将「滝川一益」

    滝川一益とは、戦国時代に織田信長に使えた戦国武将です。忍者であったとも伝えられている戦国きっての知将でした。伊勢攻略、長島一向一揆の戦いで織田信長の信頼を勝ち取りました。 伊勢攻略で北畠家の兄弟不仲を察知した滝川一益 伊勢国の大名北畠家は、南北

  • ゆるキャラ「ひこにゃん」は武田武士!?

    ゆるキャラとして大人気の「ひこにゃん」。「ひこにゃん」は彦根藩のゆるキャラです。彦根藩といえば、井伊家が領有した藩で、徳川系の藩です。しかし、「ひこにゃん」は武田武士だったのです。 ■武田信玄以降の武田家 武田信玄の跡を継いだ武田勝頼。長篠の戦

  • 日本史の最大の謎。本能寺の変の「黒幕」とは

    本能寺の変の「黒幕」は一体誰なのでしょうか。足利義昭、朝廷、公家、豊臣秀吉、徳川家康、明智光秀など様々な犯人の推測が行われています。しかし、本能寺の変に「黒幕」は存在しなかったのではないかという説があります。 海外遠征を計画していた織田信長 本

  • 浅井長政は本当は織田信長に降伏したかった?

    織田信長の妹である市を妻としながらも、朝倉との同盟関係を重視した義理に厚い戦国武将として有名な浅井長政。しかし、浅井長政は本当は織田信長に降伏したかったのです。 朝倉との同盟を優先 1570年、織田信長が浅井長政と交わした「朝倉への不戦の誓い」

  • 織田信孝。幸運に恵まれなかった戦国武将

    織田信孝とは、織田信長の三男です。織田信孝は、織田信長の息子の中で、織田信忠の次に有望な武将と言われていました。 織田信孝の出生 織田信孝には、兄に信忠そして信雄がいますが、この二人は母親が同じであるのに対し、信孝の母は別の女性でした。信長の正

  • 桶狭間の戦いの真実

    1560年6月12日、今川義元と織田信長の戦争で有名な桶狭間の戦いが起こりました。桶狭間の戦いには、このような誤解があります。「足利一族で駿河、遠州、三河の三国を支配した今川義元は、三万五千の大軍を率いて上洛の途につきました。それを向こう見ずに迎え撃ったのが、

  • 戦国時代の城はどうやって木材を確保していたのか?

    大阪城、名古屋城、江戸城、姫路城など戦国時代の城は現在も観光名所として有名です。しかし、これだけの規模の城を作るときに木材はどうやって確保していたのでしょうか? 今回は、戦国時代の城はどうやって木材を確保していたのかを紹介します。 ■木材確保は大

  • 「長篠の戦い」の真実

    「長篠の戦い」と聞くと、戦国最強とされた武田の騎馬軍団を、織田、徳川連合軍が打ち破り、武田軍に壊滅的な打撃を与えた合戦を多くの人が思い起こします。1575年5月21日、三河の長篠城付近で、織田、徳川連合軍と武田勝頼軍が激突しました。織田方38,000、武田方1

  • 戦国時代の寺社は強大な支配者だった

    信長といえば、「比叡山延暦寺の焼き討ち」「石山本願寺との戦争」など、仏教を迫害した存在として見られています。現在の我々の感覚からすれば、寺社というのは、葬式や法事のときに世話になる場所、多くの僧侶たちが修行している場所、というイメージしかありません。そんな寺社

  • 現代日本が宗教の弊害を被っていないのは、信長のおかげ?

    戦国時代の寺社は、中世の政治経済を牛耳る強大な勢力でした。いつか誰か寺社を潰さなければ、国家は寺社によって支配されてしまう、そういう危険な状況だったのです。信長がいたから現代日本が宗教の弊害を被っていないといえる理由を紹介します。 ■信長は誰かが

  • 戦国時代の城の石垣の積み方

    名古屋城、大阪城、姫路城など戦国時代に活躍したお城を観光したときに気になる石垣の積み方。自然の石を積み上げているのに、なぜこんなに長い間崩れないでいるか不思議ですよね。今回は、戦国時代の城の石垣の積み方を紹介します。 ■野面積み 石をほとんど加

  • 織田信長の城革命

    信長は、鉄砲の三段撃ちや鉄張り軍艦の建造など、戦術・戦法にかかわるところで独創性を発揮したことが知られていますが、築城の面においても、戦国の城を近世の城へ作りかえていく起爆剤となった独創性を見せています。今回は織田信長の城の独創性を紹介します。

  • 意外に多かった戦国の城

    戦国時代にあったお城の数を知っていますか? お城といえば1つの国に1つしかないイメージがあります。しかし、戦国時代にあったお城は意外と多いんです。 ■戦国時代は城の時代だった 文化庁の指導で、各都道府県の教育委員会が中心になり、それぞれの都

  • 適材適所の人員配置

    伊達政宗は頼りになる家臣を多く従えています。その中でも特にユニークな人材を中心に紹介しましょう。これはまた、政宗がいかに適材適所の人員配置に心を砕いたか、の証拠でもあります。 ●名参謀・景綱 政宗の重臣・片倉景綱は政宗の参謀として多大な活躍をしました。

  • したたかな男の養子 藤堂高吉

    伊勢国津藩の藩祖である藤堂高虎は、近江の有力大名である浅井家に仕えたのを始めとして主君を次々と変え、ついに大大名にまでなった男です。しかし、彼の生き様の影には、割りを食った形になった養子の悲劇があったのをご存知でしょうか。 ●権力者に取り入るための養子

  • 人の目を引きつける政宗

    政宗はとにかく派手好きな男であり、それを実現するための出費を惜しみませんでした。以下、政宗の派手エピソードとそれを支える資金源の話を紹介したいと思います。 ■豪奢な建造物 政宗は豪奢な桃山建築の建造物を多く残し、また自らの居城・仙台城にも大金を投じ

1 / 2 1 2 最後 »