関ヶ原の影で暗躍した黒田如水

●黒田如水の境遇と関ヶ原の戦い

黒田如水(官兵衛)は豊臣秀吉のもとで活躍した名軍師として知られますが、後に秀吉との関係が悪化(その野心を警戒されたとも、石田三成と朝鮮出兵の際に対立したせいだとも)、関ヶ原の戦いの頃には息子の長政に家督を譲って隠居状態にありました。関ヶ原の戦いでは石田三成の挙兵に呼応して豊後で大友宗麟の子・義統が西軍として挙兵します。義統は、朝鮮出兵の際に重臣が犯した失策がもとで改易となっていましたが、この関ヶ原の戦いに乗じて大友家再興、豊後奪回を目指して旧臣を集めたのです。

●西軍を倒しただけでは終わらず?

豊前中津城主である嫡子・長政を徳川家康のもとに送り出した如水は、義統を迎え撃つため中津城に浪人を集めて挙兵。如水と義統の軍は石垣原で対決します。しかし義統は名軍師・如水の敵ではありませんでした。義統軍に圧勝した如水は、そのまま安岐城、富来城を落とします。関ヶ原の戦いが長引くなら天下取りを狙おうと考えたと言われています。

●如水の誤算

だが、あっけなく関ヶ原は東軍が大勝。如水はすぐに天下取りの考えを捨てたらしく、そのまま東軍のために九州平定を目指しました。小倉城を攻め、久留米城を落とし、関ヶ原での西軍敗退のため大坂城から立花宗茂が戻っていた柳川城も開城させます。さらに島津氏を討たんと薩摩へ向かうが、そこで家康の命が下り兵を止め解散としました。

●あっさり諦める頭の良さ

情勢を見極め、持ち上がった自身の野望を潔く押し込めた後は家康に従う姿勢を見せた如水。かつて本能寺の変報に接した際、秀吉に「中国大返し」を進言し、その殿をつとめて武勇を高めた如水の優秀さは、秀吉に警戒心を生じさせるほどであったといいます。それほどの器の持ち主だった如水ゆえ、野望にしがみつくことの危険と愚かさを悟ったのでしょうか。内心は計り知れませんが、この潔さも如水の名を高めた理由のひとつです。

榎本秋『戦国武将 起死回生の逆転戦術』ではこの黒田如水のエピソードのほかにも、様々な窮地からの逆転の物語が紹介されています。興味が湧かれたらぜひご一読の程をしてみてはいかがでしょうか。

「戦国武将 起死回生の逆転戦術(榎本 秋)」の詳細を調べる

    
コメント