小田原攻めで唯一落ちなかった忍城

一五九〇年(天正十八)、秀吉は上洛命令に従わない北条氏を討つため、小田原攻めを決意。二十万を超す大軍で攻め込みました。しかし、その怒涛の攻撃を受けてなおただひとつ陥落せず、耐え切った城があるのをご存知でしょうか。それが忍城です。


■成田氏長という男

豊臣方の物量攻撃の前に北条方の城が次々と開城され、上杉謙信や武田信玄の攻撃にも耐えた小田原城も最終的には開城する中、ただひとつだけ落城をまぬかれた城。それが成田泰季が城代をつとめた武蔵国忍城です。当時の忍城城主は、成田長泰の長男・成田氏長で、彼は上杉謙信、北条氏康、滝川一益と何度か主君を変えながら、本能寺の変後は北条氏に帰参。小田原攻めのときは弟・長忠とともに小田原城に籠城しました。

■忍城の奮戦

忍城においては、長泰の弟・泰季と、その子・長親が城代をつとめ、籠城戦の指揮をとりました。城にはおよそ三千人が立て籠もっていました。忍城攻めは石田三成が指揮を取り大谷吉継らとともに、二万の大軍を率いて忍城を囲みましたが、落とすことはできませんでした。

忍城は広大な湿地に建てられ、攻撃しづらい場所にあったのが理由のひとつ。水攻めのために三成が築きました、今もその名が残る堤防「石田堤」は、大雨のために決壊が相次いでしまったと伝えられています。実はこの戦いの時期は梅雨でした。忍城の兵たちも忍耐強くよく持ちこたえていました。真田昌幸・信繁、浅野長政らも三成の援護にやってきましたが、籠城戦を粘り強く戦いました。これにも事情があり、食べられる魚や植物を、比較的容易に周辺から得られるという城の食糧事情があったのです。

■甲斐姫の活躍

みずから鎧兜を纏って戦い、敵の首級を取ったという氏長の娘・甲斐姫の勇ましい逸話も伝えられています。こうして一丸となって城を守り抜いたため、先に小田原城が開城。城を落とされることなく、忍城も開城となりました。

榎本秋『戦国武将 起死回生の逆転戦術』ではこの高橋紹運のエピソードのほかにも、様々な窮地からの逆転の物語が紹介されています。興味が湧かれたらぜひご一読の程を。

「戦国武将 起死回生の逆転戦術(榎本 秋)」の詳細を調べる

    
コメント