織田信孝。幸運に恵まれなかった戦国武将

織田信孝とは、織田信長の三男です。織田信孝は、織田信長の息子の中で、織田信忠の次に有望な武将と言われていました。


織田信孝の出生

織田信孝には、兄に信忠そして信雄がいますが、この二人は母親が同じであるのに対し、信孝の母は別の女性でした。信長の正妻は斎藤道三の娘帰蝶(濃姫)ですが、彼女は子を一人も産まず、歴史の中からいつの間にか姿を消します。代わって現れたのは「生駒氏の娘」です。この女性との間に信長は信忠・信雄(長男、次男)を作り、「坂氏の娘」との間に信孝を作ったのです。

ただし、これには異説があります。長男信忠が生まれた後、同じ年に信雄、信孝が別々に生まれたが、実際は信孝の生まれた日の方が早かったのです。しかし、信雄の母は長男信忠の母でもあったので、信雄の方が次男にされてしまったというのです。しかし、信雄とほとんど同時期に生まれたといわれています。これが信孝の不幸の始まりだったのです。

次男であるがゆえの不幸

「次男」で「兄」の信雄は「バカ殿」でした。それに比べ、長男信忠は優秀でした。だから信長は後継者に指名したのです。そして、信雄が無能ということも信長はよくわかっていて、伊勢の北畠家を乗っ取る際に養子として送り込み、そのまま伊勢国は与えましたが、それ以上の領地は与えようとはしませんでした。

しかし、信孝には一目置いていたのです。伊勢の有力国人である神戸氏に養子に出し、信雄の時と同じく当主を隠居させて信孝を当主の座に押し上げました。しかし、このままでは信孝は同じ伊勢国の国主である信雄の配下になってしまいます。そこで、信長は自分の意向に逆らう土佐国の長宗我部元親を討つ、四国遠征軍の総大将に任命しました。総大将といっても実質的な司令官は補佐役の丹羽長秀で、信孝はその指導に従っていればいい立場でした。順当に行けば織田軍の勝利であったため、信孝は室町幕府でいう四国探題の地位は約束されていたのです。長男信忠は同じ年の春に、滝川一益、河尻秀隆の補佐を得て武田家を滅ぼして、軍歴を飾っています。

本能寺の変による不幸

この四国遠征が成功していれば、信孝は信雄を超えることができました。信長の息子の中では、信忠につづく地位を固める絶好のチャンスでした。四国遠征軍は四国への船出のため大坂に集結しました。出航予定日はそう、本能寺の変の日でした。

信長死後

本能寺の変により、逃亡兵が続き、山崎の戦いでは形ばかりの総大将となりました。しかし、その後、豊臣秀吉により、岐阜城を攻められ、三法師や母を人質としてとられました。賤ヶ岳の戦いが起きると、信孝は挙兵しますが、あえなく惨敗。源義朝が暗殺された野間大坊にて自害させられました。自害の際は、自らのハラワタをつかみ、投げつけたと言われています。

幸運に恵まれなかった織田信孝。本能寺の変が起きなければ、歴史はどうなっていたのでしょうか。

「英傑の日本史 激闘織田軍団編(井沢元彦)」の詳細を調べる

    
コメント