なぜ本能寺の変で織田信忠は京都にいたのか?

織田信長とともに本能寺の変で討ち死にした後継者の織田信忠は、徳川家康と一緒に堺へ行くはずだったのに、なぜ予定を変更してまで京都にやってきたのかは歴史のミステリーと言われています。なぜ本能寺の変の際、織田信忠は京都にいたのでしょうか?


織田信忠を征夷大将軍にしたかった織田信長

これは、参内をし、信忠にしかるべき官職を与えることを願うつもりだったのではないかと言われています。信長は信忠への円滑な家督継承にかなり気を遣っていました。信忠には東北経営のための役職である秋田城介を名乗らせていました。酒田付近にいた出羽守の下で、最前線である秋田付近駐在の司令官の官職です。

さらに、甲斐の武田制圧の総大将までつとめたため、征夷大将軍を名乗らせる絶好のチャンスでした。信忠が正室を持たなかったことは謎ですが、信玄の娘との婚約を履行するつもりだったという可能性も征夷大将軍叙任と結びつければありうる話となります。

将軍は源氏でなくてもよく、鎌倉幕府の将軍に藤原頼常や惟康親王など、藤原氏や親王が就任していたため、平氏である織田家に資格がないわけではありません。足利将軍の後継者として少しだけ据わりが悪いだけです。その場合に、信長は太政大臣に一時的になるとか、准三后を受けるといったこともあったかもしれません。

東日本と九州の制圧や、信忠への継承を円滑に進めるためにも、朝廷の利用価値はありました。それに朝廷もまた時代的な気分は共有していて、信長や秀吉の目指す壮大な計画に朝敵追討令を出すなど喜んで協力していたです。実際の信長は伝統的な権威を上手に使い、歴史のなかから正統性を見出す工夫に長けていました。特に、平氏であることを利用し、北条氏や平清盛の再来というロジックで足利氏の源氏としての論理を突き崩していました。

本能寺の変で織田信忠が京都にいたのは、征夷大将軍にしたいという織田信長の思惑があったからです。もし、織田信忠が生きていれば歴史は変わっていたのかもしれません。

「本当は間違いばかりの「戦国史の常識」(八幡和郎)」の詳細を調べる

    
コメント