「週刊恐竜サウルス!」とは?

ディアゴスティーニは、分冊百科を多く出している出版社として知られています。ユニークなシリーズが多くありますが、忘れされてしまったものも少なくありません。そのなかのひとつとして知られているものが「週刊恐竜サウルス!」でしょう。この雑誌は、ディアゴスティーニの提携会社である同朋舎出版から刊行されました。


恐竜ブーム

恐竜というのは、昔から何度かブームが到来しています。やはり、ワイルドな姿、さらに実態があまりわかっていないといったミステリアスが存在に子どもは惹かれるのかもしれません。そんな、恐竜少年の心をガッツリをとらえた雑誌が「週刊恐竜サウルス!」でした。第一号の発行は1993年10月で、毎週、恐竜の模型が付録でついてきて、すべてそろえると、恐竜の骨格模型ができあがるというものでした。

わずか100円

創刊号はわずか100円という破格の値段でした。さらに恐竜の骨格模型の頭のパーツがついてきました。このパーツは暗闇で光るこれまたカッコいいモデルでした。ですが、次の号からは490円という通常価格となり、さらに骨格模型のパーツも、骨一本だけと地味なものになってしまいました。なんだかガッカリしてしまった人も多かったことでしょう。ですが、雑誌自体もビジュアル要素の強いものであり、恐竜図鑑としてはそれなりのものであったといえます。

「『大学図鑑』の歴史」の詳細を調べる

    
コメント