38度線とはどこか?

韓国のムン・ジェイン大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン委員長が、2018年4月に板門店で会談し話題となっています。歴史的な会談であったといえるでしょう。この板門店は、いわゆる38度線と呼ばれる場所にあります。


北緯38度

朝鮮半島は現在、北側の朝鮮民主主義人民共和国、いわゆる北朝鮮と、南側の大韓民国、いわゆる韓国に分かれた分断国家になっています。両者は朝鮮戦争で戦い、1953年には休戦協定が結ばれました。現在も両国は戦争状態にあるのです。そのときに引かれたのが軍事境界線でした。北緯38線を中心に引かれており、このラインの両側2キロは非武装地帯と定められました。非武装地帯は自然が残されたままになっているので、野生動物などが多く住んでいることでも知られています。さらにその外には民間人出入り統制区域が設定されています。

共同警備区域がある

さらに軍事境界線上にはJSAと呼ばれる共同警備区域があり、両国の兵士が警備にあたっています。ここは、南北首脳会談が行われた場所でもあります。

海上にも引かれている

この非武装地帯は陸地ばかりではなく、海の上にも引かれています。しかしながら、こちらに関しては両国で主張する範囲が異なっており、たびたび軍事衝突が起こることで知られていました。

    
コメント