スコットランドはイギリスとは別の国?

イギリスからスコットランドが独立しようとする動きが高まっています。9月18日の分離独立を問う選挙では反対派の勝利となりました。当初は、独立に際してはイギリスの通貨であるポンドを使わせないという話もありました。これは独立に際して大きな議論のポイントとなっていました。


イギリスは正式名称ではない

イギリスというのは正式な国家の名称ではなく通称です。イギリスの正式名称は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国といいます。当初は、1801年にグレートブリテン及びアイルランド連合王国として成立しましたが、のちにアイルランドが独立します。グレートブリテンを構成する地域は、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4カ国です。それぞれの国家ごとに国旗があり、さらにサッカーなどスポーツではぞれぞれの地域ごとにチームがあるので日本でもおなじみでしょう。

スコットランドには何がある?

スコットランドはグレートブリテン島の北半分を占める地域です。スコッチウイスキーのスコッチとは、スコットランドの意味です。さらに、ネッシーで知られるネス湖などもスコットランドにあります。イングランドに対してスコットランドは英語のなまりがあり、田舎者とみられるような傾向もあるようです。その分、郷土への愛着が強い人も多く、今回のように独立の機運が高まることになったのかもしれません。

「イギリス国旗の成り立ち」の詳細を調べる

    
コメント