科学

宇宙、放射能、元素など、科学に関する情報を紹介しています。

  • 自衛隊に学ぶ防災術

    災害はある日突然やってくるものです。しかしながら、そこに対してどのように対処するのかという備えがあれば、より具体的な対策ができるとも言えるでしょう。まさに備えあれば憂いなしですね。

  • とっさの災害にそなえるには?

    防災というのは、とても重要な要素です。しかしながら、いざその現場や場面に直面した場合に冷静な行動が取れるのかといえば、それは誰しもできる保障はないと言えるでしょう。それでも、備えあれば憂いなしではありませんが、きちっと予備知識として防災について考えておく必要はあるでしょう。

  • 2040年代には何がある?

    2020年が近づいてきました。そうなると、かつては遠い未来のことと思えていた2030年や2040年も、よりリアリティのあるものとなってきます。なぜならば、今生まれた子どもたちが成人して社会へ出るのが2040年代となるからです。

  • 未来学者に予測技術を学ぶ

    未来が予測できたならば、すべてうまくいくのにと考えることは誰しもあるでしょう。これは決して夢想ではありません。ある程度のメソッドに基づけば未来予測も不可能ではないのです。

  • 技術はどこまで進んでいるのか?

    科学技術は日々進化を遂げているといわれています。それは確かにあるでしょう。しかしながら、その技術が実際にどのように役に立つのか、そこまではなかなかイメージが浮かばないものです。基礎的な研究段階にあるような技術ならばなおさらでしょう。

  • 息は何度から白くなる?

    冬場に吐いた息が白くなることがあります。白い息を見ると、寒い季節になったのだなと視覚的に知覚できます。この息が白くなるのは果たして何度からなのでしょうか。

  • 梅雨は日本以外にもある?

    6月から7月は、日本は梅雨の季節となります。じめじめとした気候が続き、洗濯物もなかなか乾かないので不快な思いをする人も多いでしょう。この梅雨は、日本だけのものなのでしょうか?

  • 南極と北極どう違う?

    フジテレビの番組が「月は自転しない」と間違った説明を行い問題となりました。内容としては中学校の理科の天体で習うレベルです。理科基本的な知識には、意外と見落とされがちな要素もあります。そのひとつとして南極と北極の違いがあるでしょう。

  • 思い出補正はなぜ起こる?

    思い出補正という言葉があります。かつての辛かった思い出が良い思い出に変換されていたり、あるいは大したことがない思い出がとてつもない武勇伝になっていたりと、記憶が簡単に変換されることをいいます。

  • 棋士が考える人工知能

    人工知能とAIは、現在のホットな話題であるといえます。人工知能が人間を支配するのではないかといったディストピアな未来を憂う本があったかとおもえば、ロボット法など、具体的な倫理の領域に踏み込んだ議論もなされています。

  • スペースシャトルとは何だったのか?

    かつてアメリカの宇宙開発を代表する乗り物であったのがスペースシャトルです。1981年から2011年にかけて、135回の打ち上げがなされました。 しかし、1886年にチャレンジャー号が、2003年にコロンビア号が爆発事故を起こし、プロジェクトは頓挫しました

  • 火星の有人到達はいつ?

    宇宙開発は日々進んでいます。ひとつの注目ポイントなっているのが、地球にもっとも近い惑星である火星への有人到達です。これまで無人の探査機は何度も火星に上陸していますが、実際に人が降り立つのはいつになるのでしょうか? 2030年以降 具体的には人類

  • 御嶽山噴火から知る火山の定義とは?

    御嶽山の突然の噴火は多くの犠牲者を出す惨事となりました。天気のよい土曜日に突如噴火したため、多くの登山客が訪れていたことも犠牲者の数を増やしてしまいました。御嶽山は永らく死火山とされてきましたが、1979年に噴火をしたことから現在は活火山として定義されています

  • アジアで初めて宇宙へ行ったのは誰?

    宇宙飛行士の若田光一さんが国際宇宙ステーション(ISS)の船長に就任して2ヶ月が経とうとしています。若田さんの業績は日本人初であるとともにアジア人初の快挙です。しかし、宇宙に初めて行ったアジア人は日本人ではありません。 冷戦下の宇宙開発 第二次

  • 惑星の語源は惑わす星だった?

    これから夏にかけて、夜空を見上げることもあるかもしれません。強烈な光で知られる金星はこれからの季節は日没後に見ることができます。宵の明星という名前でも知られています。ところで金星をはじめ、水星、土星などの星は惑星と呼ばれていますが、なぜこのように呼ばれるように

  • ヒトはなぜ体毛を失ったのか!? ダーウィン説ではなく二足歩行が体毛を失わせた原因だった?

    人類の祖先にもっとも近い種は、チンパンジーです。人間はチンパンジーとの共通祖先から分岐して進化したのです。分岐後、チンパンジーはさほど変化しなかったが、ヒトはそこから大きく変貌を遂げ、現在の姿となりました。 しかし、その進化の過程で学者を悩ませてきた一つ

  • 極限までガマンしたらおしっこはどれくらいまでためられるのか? MAX800ミリリットル?

    最近、トイレをガマンできない若者が増えているといいます。彼らは大学の講義中や映画の途中、そして会社の会議を中座してでもトイレに行きたくなります。これは明らかに頻尿で、一般的には膀胱炎などが疑われますが、不思議なことに、病院で診察を受けても病気は見つからないそう

  • ガマンしたおならはどこに消えるの?

    人前でおならをするのは恥ずかしいですよね。そこで、TPOによってはじっとガマンすることになりますが、そのときガマンしたおならはいったいどこへ消えてしまうのでしょうか? そもそもおならって何? おならとは、食べ物が消化される際に、飲み込んだ空気と

  • 右利きと左利きが存在する不思議! 利き手はいつどのように決まるのか?

    ハサミの構造や駅の改札が象徴するように、世の中は右利き社会といえます。実際のところ、利き手が右である人が多いですが、なぜなのでしょうか? 右利きと左利きが、半分ずついてもおかしくりませんが、そうならない理由があるのでしょうか? 一説には心臓が左にあるため

  • なぜショウジョウバエが実験動物としてよく使われるのか?

    よく生物学の実験ではショウジョウバエが利用されます。なぜショウジョウバエが実験動物としてよく使われてるのでしょうか? どこにでもいる! ショウジョウバエは世界中のほぼどこにでも棲んでいて、すぐつかまえることができます。しかも、遺伝学の材料として最適

1 / 2 1 2 最後 »