棋士が考える人工知能

人工知能とAIは、現在のホットな話題であるといえます。人工知能が人間を支配するのではないかといったディストピアな未来を憂う本があったかとおもえば、ロボット法など、具体的な倫理の領域に踏み込んだ議論もなされています。


羽生善治はどう考える?

そんな中で異色であり必然ともいえるような人工知能本として、棋士の羽生善治による「人工知能の核心」(NHK出版新書)があり。将棋におけるコンピューターと人間の対決はつねづね取りざたされているテーマです。現在のところ、かろうじて人間側が勝利しています。その理由としては、将棋は相手から取ったコマを自分の戦力として使える点が計算を複雑にしているといわれるためです。そのような人工知能現状について羽生善治は何を考えているのでしょうか。

引き算の思考

羽生善治は、囲碁の試合において、コンピューターがプロ棋士を破った勝因を「コンピューターが引き算を始めた」と見ます。それはただ相手を打ち負かすのではなく、相手との折り合いをつけながら、相手のミスを誘い、勝利を引き出す、将棋の核心にも迫るものでしょう。かねてより「将棋は他力」であると述べている羽生善治が、人工知能に関して何を考えているのか、わかりやすいとっかかりを与えてくれる本となっています。

    
コメント