未来学者に予測技術を学ぶ

未来が予測できたならば、すべてうまくいくのにと考えることは誰しもあるでしょう。これは決して夢想ではありません。ある程度のメソッドに基づけば未来予測も不可能ではないのです。


未来予測とはどういうものか?

エイミー・ウェブによる『シグナル:未来学者が教える予測の技術』(ダイヤモンド社)では、その未来予測についての詳細な記述がなされています。著者は、世の中で爆発的なブームを引き起こすツールやサービスの誕生には予兆があるといいます。確かに、需要があってそうしたものができあがるわけですから、未来予測は現状を詳細に分析することによって可能となるとも言い換えられるでしょう。

ステップで解説

本書では未来予測のための6つのステップが解説されています。つまりは、予兆を見逃さないようにきちっと配慮をすることです。未来予測は当てずっぽうに何かを言うのではなく、かといって当たり前のことを当たり前に言うようなことでもない、シンプルな思考によって実現するものなのです。頭が固いままでとどまっている人、それはほとんどの現代人が当てはまるのかもしれません。そうした人にこそおすすめの一冊です。

    
コメント