とっさの災害にそなえるには?

防災というのは、とても重要な要素です。しかしながら、いざその現場や場面に直面した場合に冷静な行動が取れるのかといえば、それは誰しもできる保障はないと言えるでしょう。それでも、備えあれば憂いなしではありませんが、きちっと予備知識として防災について考えておく必要はあるでしょう。

いざというときのために

中井仁監修、「防災読本」出版委員会による『教育現場の防災読本』(京都大学学術出版会)は、あらゆる災害についての概要が記された本です。その災害がどのようにして起こるのか、例えば地震ならば内陸地震から海溝型地震と、その内容ごとに丁寧な解説がなされています。これは、防災に関しての具体的なハウツーばかりではなく、そもそも論が記された本だと言えるでしょう。

自然災害はどのようなもの?

地震のほかにも、火山災害、台風、洪水といったものから土砂災害、雪害、さらには複合的な要因によって起こる都市災害など、あらゆる災害について解説がなされています。もちろん住んでいる場所などによっては、それほど関わりが深くないものもあるでしょう。しかしながら総論、総体として災害を捉えるというのもひとつ大切なものがあるのではないではないでしょうか。

ほかのトピックは?

さらに、本書では災害と法律、災害と行政、地域防災、災害医療、防災と教育といったトピックについても語られています。さらに3.11の東日本大震災以降、現実的な問題として浮上してきている原子力災害についても一章分を使って記されています。まさに災害の現在進行系の予備知識を網羅するにあたっては重要な本であると言えるでしょう。それぞれのトピックに関しては参考文献もつけられていますので、そこから気になる本を手にとってみても良いでしょう。この本ばかりではなく、さらなる勉強のきっかけが開かれる要素もあるのです。