寝不足注意!眠れなくなる宇宙の話

今年は6月に金環日食といったビッグイベントがありましたが、みなさんは特に大きな天体ショーがないときでも、空を見上げたりしているでしょうか。いまだに全体の95%が正体不明の宇宙。まさに、宇宙には未知と同時にロマンと夢が詰まっているのです。今回は、誰もが心惹かれる宇宙のことをわかりやすく書いた「眠れなくなる宇宙の話」を紹介します。


■作者は『インフレーション理論』で世界的に有名な佐藤勝彦氏

『インフレーション理論』とは、宇宙は生まれてすぐに急激な加速膨張をして、そのあとでゆるやかな減速膨張に転じた、という理論です。この理論により、従来のビックバン理論の問題点の多くが解決されたのです。

■寝る前に読むくらいの気軽さで

この本では古代の宇宙観から現代の宇宙学の理論までが、易しい文体で詳しく説明されています。語り口が丁寧で優しいので、宇宙の勉強のため読む、というよりも、寝る前にちょっと読もうくらいの気軽さでページをめくることができます。しかし題名にある通り、あまりにも面白くて眠れなくという問題が……。

■ポップなイラストも豊富

宇宙についての解説本でありながら堅苦しさがなく、味のある手書きイラストも豊富で、驚くほどするすると内容が頭に入ってきます。また、天の北極を中心とした地球軸の方向の変化が解りやすく説明された後に、「冬のソナタでヨン様が『ポラリス(北極星)を頼りにすれば、もう道に迷うことはないよ』と微笑みますが、実はポラリスも動いているのです」など、思わずくすりと笑ってしまうようなコミカルな部分もあります。

たまには空を見上げて宇宙を想うのもなかなかいいものです。今夜はこの本を片手に、夜空を見上げてみてはいかがでしょうか。ただし、寝不足になっても、責任はもてませんのであしからず。

「眠れなくなる宇宙のはなし(佐藤勝彦)」の詳細を調べる

    
コメント