ニュートリノ?一般相対性理論?特殊相対性理論?それってなんぞや

ニュートリノが光の速度を超えた、というニュースが少し前に世を賑わせました。光よりも速い物質があるということが実証されれば、かの有名なアインシュタインが提唱した理論、「相対性理論」が覆ってしまうと、大変な話題にもなった出来事です。しかし、そもそも相対性理論って何?一般相対性理論と特殊相対性理論の違いって?物理学を知らなくては理解できないの?などなど様々な疑問がわきあがりますが、今回はその相対性理論の理解を助ける本を、基礎編、上級編の2冊紹介します。


■「相対性理論」を楽しむ本―よくわかるアインシュタインの不思議な世界

500円という安さで相対性理論の大枠がわかるという、コストパフォーマンスのいい一冊。初心者向けなので細かな部分には対応していませんが、だいたいの理解ならこれで十分にオーケーです。まずは基礎固めに読んでみましょう。
 

■特殊および一般相対性理論について

やや上級者向けの一冊。聞きなれない計算式が出てきたり、堅めの文章で少し難しいですが、上記の本で基礎を学んでからだと理解できるはず。重力を扱わない特殊相対性理論と、重力を取り入れた一般相対性理論(宇宙の現象を説明している理論)までの思考過程を網羅しています。アインシュタインという人物を知る上でも読んでおきたい一冊です。
 
もともと物理の本質は、数学を使って宇宙を語る学問です。小難しいと言われる相対性理論も、宇宙の謎を解き明かすための理論なのです。私たちも宇宙の法則の中に生きています。折に触れて夜空を見上げ、そこに浮かぶ瞬きに、アインシュタインが感じたものと同じロマンを感じてみませんか。
 
 

「「相対性理論」を楽しむ本―よくわかるアインシュタインの不思議な世界」の詳細を調べる

「特殊および一般相対性理論について(アルバート アインシュタイン)」の詳細を調べる

    
コメント