受験生が問う。文系って何なん!?

受験生のみなさん、大学受験はいかがでしょうか。すでに私立に入学が決まっていたり、前期試験で合格された方、おめでとうございます。4月から華の大学生活が待っていることでしょう。ですが、合格したは良いが大学とは何かということが分かっている人は少ないかと思います。そこで、今回は文系とは何かということについて紹介していきます。


■文系とは?

文系とは、哲学や文学、社会学、法学などを指します。もっと抽象的に説明すると、文系は「人間の考え方」などにかんする学問です。理系は「自然科学」に関する学問で、文系は「自然科学以外」の学問です。自然科学は英語で御存知の通り「Science」で、自然現象のことです。それを数学や物理、科学を用いて説明する学問である一方、文系はそういったことではないことが文系なのです。

■人文科学

文系も大きく分けると2種類に分けることができます。それは「人文科学」と「社会科学」です。人文科学は文化的な視点から、人間がどうやって過ごしているのかを研究するものです。それには以下の様な学部があります。

1. 文学

過去の偉人が残した文学作品から今を生きる作家まで、文学作品という観点から、歴史的な背景や宗教的な影響などを調べる学問です。

2. 語学

世界に無数に存在する言語を文字通り学び、その生い立ちや文化的な背景をあぶり出す学問です。

3. 歴史学

文字通り歴史を学びます。中高時代の歴史の授業をより、本格的にしたものとイメージしてもらえればよいでしょう。

4. 地理学

古い地図や文献を片手に、昔の気候や国の形を考える学問です。

5. 心理学

テレビでよく聞く心理学ですが、それとは違い、人間に対し実験や観察をするものです。理系に分けて良いのですが、何故か文系に入っている謎の学問です。

6. 哲学

これは皆さんが想像している通り、想像力を働かせ難しいことを考える学問です。ただ考えるだけでなく、なぜそうなるのか、論理を追求される学問でもあります。

7. 宗教学

宗教の歴史や本質、なぜその宗教が存在するのかなどを考えていく学問です。宗教が果たしていた役割なども分析できます。

8. 文化学

地域や民族によって異なる文化、具体的には伝統や風習などを解釈していく学問です。

■社会科学

社会科学系はざっくり言うと、法律や経済など人間の社会生活に必要なシステムやルールを研究する学問です。

9. 法律学

俗に言う、法学部ですが、言葉の通り法律を学ぶ学部です。

10. 政治学

政治学は、今の政治を論評するのではなく、どんなタイプの政治があり得るのかや社会の未来について考える学問です。

11. 経済学/経営学/商学

一番とっつきやすいこれらの学部ですが、経済は刑事について、経営は組織の管理や会社経営について、商学部は両方学ぼうと思えば学べる学部です。

12. 社会学

社会学は、社会で起こったことについて違った視点から意見を入れる学問です。主に、人間の関係性の観点から意見を出します。

学部は大学に入ってからでも変えることができます。自分に合った学問を見つけましょう。

「四谷学院の大学学部学科がよくわかる本(四谷学院進学指導部)」の詳細を調べる

    
コメント