社会

法律、宗教、文化、社会問題、軍事など社会に関する情報や雑学を紹介しています。

  • 海外の刑務所事情は?

    海外で犯罪を犯した場合、その国の法律によって裁かれることになります。場合によっては死刑判決を受けることもあり、海外で犯罪を犯すことは非常に大きなリスクがあると考えられます。

  • 日本なぜ4月始まり?

    日本では4月が年明けとなっていますが、これは西暦にならったものです。また、4月はじまりとともに、4月はじまりもあります。学校は3月に卒業、そして4月に入学します。学校の卒入学がそうなっているため、会社の入社時期も4月になっているのです。

  • 中国語、世界のどこで話される?

    中国語は、話者数が13億人以上の言語です。中国語ですから当然のことながら中国の本土、中華人民共和国で話されていますが、その他には世界のどこで話されているのでしょうか。

  • 知られざるテキヤの世界

    テキヤと呼ばれる職業があります。お祭りの場所などで屋台を出す人々を指します。漢字では香具師とかきます。これがヤシと読むことから、インターネットスラングでは香具師を現す言葉として「奴=ヤツ」を目にすることもあるでしょう。

  • 雅楽は絶滅寸前?

    日本古来の伝統音楽として雅楽があります。もともとは、5世紀頃に中国や朝鮮半島から伝わったものとされています。雅楽は貴族の儀式の場などで披露される音楽でした。多くの楽器と演奏者によって行われるた、世界最古のオーケストラとも呼ばれています。

  • エンブレム問題を問い直す

    2015年に発表された東京オリンピック、パラリンピックのエンブレムがパクリであるか否かといったエンブレム問題は記憶に新しいでしょう。なぜ、こうした問題が起きてしまったのか。その問いに向き合った本が加島卓による『オリンピック・デザイン・マーケティング: エンブレム問題からオープンデザインヘ』(河出書房新社)です。

  • 2分の1成人式とは何か?

    1月は成人式のシーズンとして知られています。20歳になった記念として各地の地方自治体が主宰するイベントが行われます。一方で、最近では2分の1成人式という行事が小学校で行われています。20歳の2分の1、つまり10歳になった記念の行事として行われます。ハーフ成人式、半成人式、十歳式といった呼ばれ方もしていますが、内容は同じです。

  • 忘年会の歴史は?

    12月は忘年会シーズンです。忘年会の次には新年会もあります。このシーズンはお財布の出費が多いといえるでしょう。そもそも忘年会という文化はどのようにしてはじまったのでしょうか。

  • 男女の結婚年齢なぜ違う?

    現在、日本の民法では婚姻が可能な年齢が、男性は18歳以上、女性は16歳以上と定められています。ただし未成年の婚姻の場合は親の同意書が必要となっています。なぜ男女で2歳の年齢差が生じているのでしょうか。

  • バブル時代の当事者話

    バブルとはいまからすれば遠い時代の言葉です。お笑い芸人の平野ノラが、バブリーな格好でネタを披露しているのも、すでにお笑いのネタの対象となるほど遠い時代の話となってしまったからだといえるでしょう。

  • 世界の郵便ポストどうなっている?

    海外を旅行していると、よく目に入るものとして郵便ポストがあります。街中で目にするものは、日本と同じ赤色であったり、あるいは青、緑、黄色などのポストもあります。共通しているのは目立つ場所にあるため、目につきやすいということでしょう。

  • 新聞社説、何のためにある?

    新聞には社説と呼ばれるページがあります。政治や経済のほか時事問題について、自社の主張を述べるものです。しかし、読んだ人ならおわかりかと思いますが、大したことが書かれていないのです。誰もが知っているようなことを並べ立てて、最後は当たり障りのない結論に達するのみです。もちろん、何かしらの主張はしているのですが、それも強い主張ではありません。

  • 90年代リバイバルは来ている?

    2017年は90年代がリバリバルしたといわれています。春先に小沢健二が久しぶりに復活をとげ、秋には安室奈美恵が引退を発表しました。いずれも90年代に活躍していたミュージシャンです。小沢健二は長い沈黙の時間がありましたが、安室は今も第一線で活躍を続けています。

  • 携帯型ゲームの歴史を知る

    現在ゲームをやる媒体といえば、スマートフォン、あるいはニンテンドーDS、PSPなどが知られているでしょう。しかしながら、そうした現在の状況に至る前には多くの携帯型ゲームの長い歴史があります。

  • ハロウィン本来の意味は?

    ここ数年、日本ではハロウィンがブームになっています。なかでもコスプレをして騒ぐ仮装パーティーとしてのハロウィンが盛り上がりを見せています。これはハロウィンの様式のひとつではありますが、すべてではありません。本来のハロウィンとはどのようなものだったのでしょうか。

  • ラブゲッティとは何か?

    2017年11月に「たまごっち」が20年ぶりに復活することが話題となりました。「たまごっち」は、携帯型ペット育成ゲームとして一大ブームを巻き起こしたものです。この「たまごっち」にはさまざまな便乗商品が作られました。そのひとつが「ラブゲッティ」です。

  • 白夜どんな感覚?

    白夜と呼ばれる現象があります。1日中太陽が沈まない現象で、極地に近い北極圏や南極圏で見られます。北極圏では夏至前後、南極圏では冬至前後に白夜現象が見られます。

  • 中国にも二文字の姓がいる?

    中国人のほとんどを占める漢族の名字は一文字、日本人の名字は二文字が多いように見えます。日本人の場合は、二文字の他にも一文字、三文字、場合によってはそれ以上の長い名字の持ち主もいます。一方で中国人はすべて一文字というイメージがあるかもしれませんが、実はそうではありません。

  • 夕刊はなぜある?

    最近は活字離れにより、新聞を読まなくなったという人も多いでしょう。新聞は都市部とその周辺地域の場合、朝刊とともに夕刊が発行されています。ただし、全国紙では毎日新聞と、産経新聞は夕刊を廃止しています。

  • 永山則夫と寺山修司

    永山則夫という作家がいました。1960年代末から、1970年代はじめにかけてピストルを使った連続射殺事件を起こし逮捕され、20年におよぶ裁判の末に死刑が確定、1997年に執行された人物です。

1 / 8 1 2 3 4 5 最後 »