社会

  • 引きこもりの定義は?

    引きこもりが、悪い意味でクローズアップされるのは、引きこもり状態にあったと言われる人物が何か事件を起こした時などでしょう。引きこもりとは、そもそもどのような定義がなされるのでしょうか。

  • 国の制度を使いこなす

    国の制度というのはさまざまに用意されています。ビジネスをはじめたいのだけれども、お金がないとなげく人に対して、補助金をはじめとする制度が多くあります。ただ、あまり利用されたくない本音があるのではないかと勘ぐってしまいたくなるほど、そうした制度というのはわかりにくくなっています。

  • スイスは重武装中立?

    スイスと言えばヨーロッパの永世中立国として知られています。中立国というと、おだやかなイメージがありますが、実際はスイスの中立というのは異なります。スイスは、中立であっても重武装中立国なのです。

  • AI労働の未来とは?

    あらゆる労働から人間はAIによって解放されるとはよく言われるものですね。果たして本当にそういう未来がやってくるのでしょうか。もちろん遠い将来においてはそういった世界は実現するのかもしれませんが、それはいわゆるひとつのサイエンスフィクションの世界ではないかと思うのも実際のところでしょう。しかしながら未来はもうそこまで来ているのです。そう気づかせてくれる本がホリエモンこと堀江貴文による『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)でしょう。

  • 日本語を外から考える

    日本は国際化社会を迎えると言われています。それでも日本国内においては、英語をきちっとしゃべれる人というのは少数派と言えるでしょう。その点においてはドメスティックな世界が広がっていると言われています。やはり日本というのは一億人の人口がいるわけですから、そうしたことはあるでしょうね。

  • 父権は崩壊した?

    父権と呼ばれるものがあります。母性に対して対比されるような概念と言いましょうか。強力なカリスマ的なマッチョが強力な指導者として振る舞うものです。アメリカ大統領のドナルド・トランプなどが代表的でしょうか。しかし父性というのは、強引さの象徴でもあり、セクハラやパワハラなどの源泉ともされています。

  • 日本の人口、1億人越えたのはいつ?

    日本の人口は、2019年4月1日現在で約1億2600万人ほどいます。今後は人口減少に転じていくと言われています。高齢化社会と、それに対して生まれてくる子供の数が少ない少子化がそれを後押ししていくわけですね。

  • タイの禁酒日って?

    タイはビールや、タイウイスキーなどお酒が安く飲めます。しかしながら、いつでも飲めるわけではありません。タイには禁酒日と呼ばれるものがあります。

  • デジタルタトゥーとは何か?

    デジタルタトゥーと呼ばれる言葉があります。いまのインターネット社会において密かな、そして大きな問題となっているものです。そもそもどういったものなのでしょうか。

  • 文学フリマとは何か?

    文学フリマと呼ばれるイベントがあります。こちらは同人誌の即売会ですが、漫画ではなく、文字作品がメインとなっています。文学と名前がついているものの、必ずしも創作小説ばかりとは限りません。自分が文学と信じるものならば、なんでも良いとされています。

  • ルッキズム、エイジズムとは何か?

    ネット上で、ルッキズムといった言葉をよく目にします。これはどういう意味があるものなのでしょうか。

  • 執行猶予なぜ存在?

    犯罪を犯した人間が裁判の判決で執行猶予が言い渡されることがあります。刑罰や3年以下の懲役もしくは禁錮、または50万円以下の罰金となった時に執行猶予がつけられます。この制度はなぜ存在するのでしょうか。

  • 中国人民元の多言語表記

    中国の通貨である人民元は、当然ながら中国語で表記されています。日本人にとっても漢字がわかるのでおなじみと言えるでしょう。しかし、人民元の紙幣を裏返してみると、複数の言語が表記されています。これはどういった言葉なのでしょうか。

  • 子どもの虐待の実態を知る

    子どもの虐待というのは痛ましいものです。犠牲者も出ている今、なんとかしなければいけないと思う人は多いでしょう。しかしながら、家庭の中で起きている出来事に対してはっきりと踏み込めないといった実情があるのも確かです。

  • 次の時代はどうなる?

    次の時代という言葉は常に言われますね。時代を読む、時代を先取るといった言葉でも使われています。やはり時代というのは日々刻々と変化しているものでありますから、そこにおいては時代を読む力というべきものを身につける必要があると言えるでしょう。

  • 新聞を勉強のツールに使う

    新聞というのは、情報の宝庫ですね。政治経済や国際情勢といったハードニュースから、芸能やスポーツといったソフトニュースまで、多くのジャンルが網羅されています。この新聞を勉強のツールとして使ってみてはいかがでしょうか。

  • 新聞を芸人式に読む

    新聞を読め、とはよく言われることです。一般常識が手に入る、時事ニュースに関しての話題が手に入るなど、さまざまなメリットがあります。しかしながら、新聞を読むのが苦痛、苦手という人は少なくないでしょう。その新聞を面白く読む、楽しんで読むにはどうすればいいのか。そうした疑問を抱いた時にヒントを示してくれるのがプチ鹿島による『芸人式新聞の読み方』(幻冬舎)です。

  • 新聞は偏っている?

    新聞というのはメディアとしてはどう位置づけられるでしょうか。ネットニュースなどで速報が出ることはたびたびあります。テレビもすぐに報じています。それに対して新聞は少なくとも1日単位で報道を行っています。もちろん、速報ニュースを新聞社のニュースサイトが出すことはありますが、新聞とは性質を異にしていますね。

  • 90年代サブカルは呪われている?

    90年代サブカル、といったものがよく回顧されるようになりました。特に人権無視もはなはだしい鬼畜系と呼ばれる一連の動きについて、あれはなんだったのかが問い直されています。アダルトビデオの出演強要問題や、あるいはバカッターなどの悪ふざけ動画投稿問題などに、90年代サブカルチャーの一分野である鬼畜系があるのではないかとも言われていますね。

  • なぜ「1995年」がタームなのか?

    現代史をつむぐにあたって、1995年というキーワードが頻繁に登場します。速水健朗による『1995年』(ちくま新書)や、中西新太郎による『1995年:未了の問題圏』(大月書店)といった1995年をタイトルに冠した本も出版されています。そもそもなぜ1995年が注目されるのでしょうか。

1 / 13 1 2 3 4 5 最後 »