文化

  • ヒッピー文化を考える

    かつてヒッピーと呼ばれる人たちがいました。社会の既存の権威や体制にノーを唱えて、自由な生き方を選択した人たちです。髪を伸ばして、サイケデリックと呼ばれる派手な色の衣装などが特徴的でしょう。そこにおいては既存の資本主義や、物質文明に対するアンチの姿勢がありました。

  • お盆は祝日ではない?

    お盆の季節は日本の各地で帰省ラッシュとUターンラッシュが起こります。どこでも1週間程度の夏季休暇を取る会社が多いようです。しかしながら、この季節はカレンダーを見ると休みではありません。祝日は一日もないのです。

  • 膨大なカルチャーの記録にふれる

    日々どんな映画を見ているのか、どんな音楽を聞いているのか、どんな本を読んでいるのかといったカルチャーの記録をつけている人は少なくないでしょう。それが著名人ともなれば、その人の生活の内側を見ることができる、知ることができる楽しみや喜びといったものに結実していくこともあるでしょうね。

  • 成人式の参加率は?

    毎年不要論がささやかれている成人式というのはいったいどれくらいの人が参加しているのでしょうか?

  • 日本語を外から考える

    日本は国際化社会を迎えると言われています。それでも日本国内においては、英語をきちっとしゃべれる人というのは少数派と言えるでしょう。その点においてはドメスティックな世界が広がっていると言われています。やはり日本というのは一億人の人口がいるわけですから、そうしたことはあるでしょうね。

  • タイの禁酒日って?

    タイはビールや、タイウイスキーなどお酒が安く飲めます。しかしながら、いつでも飲めるわけではありません。タイには禁酒日と呼ばれるものがあります。

  • 文学フリマとは何か?

    文学フリマと呼ばれるイベントがあります。こちらは同人誌の即売会ですが、漫画ではなく、文字作品がメインとなっています。文学と名前がついているものの、必ずしも創作小説ばかりとは限りません。自分が文学と信じるものならば、なんでも良いとされています。

  • 中国人民元の多言語表記

    中国の通貨である人民元は、当然ながら中国語で表記されています。日本人にとっても漢字がわかるのでおなじみと言えるでしょう。しかし、人民元の紙幣を裏返してみると、複数の言語が表記されています。これはどういった言葉なのでしょうか。

  • 90年代サブカルは呪われている?

    90年代サブカル、といったものがよく回顧されるようになりました。特に人権無視もはなはだしい鬼畜系と呼ばれる一連の動きについて、あれはなんだったのかが問い直されています。アダルトビデオの出演強要問題や、あるいはバカッターなどの悪ふざけ動画投稿問題などに、90年代サブカルチャーの一分野である鬼畜系があるのではないかとも言われていますね。

  • 日本通のマニュアルとは?

    外国人観光客をターゲットとするインバウンドは今注目のキーワードですね。やはり日本という国家自体が、経済や人口などすべてにおいてシュリンクしている中において、活路を見出す場所として、外国人観光客というのは非常に重要な存在でしょう。それは日本のこれからのひとつのモデルであるとも言えます。

  • イスラムの学び方とは?

    イスラム世界はどこか遠くのものだと思われがちです。しかしながら、世界最大のイスラム国家は東南アジアのインドネシアです。日本の観光客でも、イスラム圏からの人たちが多くやってきます。もはやイスラムは縁遠い場所ではないといえるでしょう。

  • 文化人の一日を知る

    文化人の人気コンテンツのひとつとして日記があります。どういう人に会い、どういう話をしたのか、あるいは何もしていない日はどんな風に過ごしているのか。そういった興味が浮かび上がってくることはあるでしょう。

  • 90年代を社会学する

    90年代のリバイバルブームが起きています。これは20年というタームで訪れるものなのでしょうか。しかし、1990年代というのは遠くにあるようで近くにあるものだと言えるでしょう。現在では当たり前となった携帯電話やスマートフォンからのインターネット常時接続のはじまりというべきものが90年代に見られます。もちろん、当時は現在と違って通信料金や機材の価格も高額でした。

  • なぜ「文化の秋」なのか?

    秋はさまざまなことに適したシーズンだと言われています。そのひとつに文化の秋があります。文化が好きな人ならば、秋に限らずいつでも文化の季節であるようにも思えますが、なぜそう呼ばれるのでしょうか。

  • アロハシャツは日本ルーツ?

    夏の定番アイテムといえばアロハシャツでしょう。ゆるいイメージと、涼し気なスタイルは、高い人気を誇っています。中には数万円、数十万円もするようなビンテージのアロハシャツもあります。

  • 日本人と祀りの歴史を知る

    日本人ならずとも人間は死んだらお墓に入るとされています。それでも、最近は海に骨を巻く散骨といったことも行われてきています。そもそもお墓とはどのようなものなのか。どういった歴史があるのか。そうした問いかけに応えてくれる本が武光誠による『日本人は先祖をどう祀ってきたか:先祖供養の原点と歴史を読み解く』(河出書房新社)です。

  • イスラエルは何カ国の移民が住む?

    中東のイスラエルは、1948年に建国された国です。故郷であるイスラエルへ戻ろうとするユダヤ人たちの故郷の再建を願ったシオニズム運動によって建国されました。その運動をきっかけとして、世界各地からユダヤ人が移民として移り住んでできあがったのがイスラエルなのです。

  • 大連とはなんだったのか

    中国の大連は、遼東半島の先端に位置する都市です。この都市は19世紀にはロシアの租借地とされていましたが、その後日本によって占領されます。かつては満州国への入り口の都市として多くの日本人が住み、行き交った街でもあります。

  • 植草甚一の世界を知る

    植草甚一は、音楽、映画、文学とサブカルチャー全般を幅広く愛したおじいさんとして知られています。今でいう文化系人間の元祖とも言えるでしょう。そんな植草甚一の世界の一端を垣間見ることができる本が『植草甚一コラージュ日記』(平凡社)です。

  • 昭和の珍スポットを訪ねる

    『平成』の元号が31年で終わりを迎えることになりました。平成が終われば、その前の時代である昭和も遠くなってしまったと思いを馳せる人も多いのではないでしょうか。

1 / 4 1 2 3 4 最後 »