神保町は世界一の古本屋街だった

神田神保町は多くの古本屋が立ち並びます。日本で最大の古本屋街といわれています。あらゆるジャンルの古本が集まるため、全国の古書価格がこの街で決まると言っても過言ではありません。さらに、古本の業者が入札するためのマーケットも開かれています。


ほかの街は?

神保町のほかにある古本屋街は、早稲田周辺と文京区の本郷にある東大周辺といわれています。日本の三大古本屋街は、東京にあるのです。大阪や名古屋や横浜などにも古本屋が集まっている場所はあります。しかし軒数はせいぜい10軒程度となっています。そのため神田神保町が日本一の古本屋街ということになります。

世界一でもある

しかし、神保町は日本一の古本屋街ばかりではありません。実は世界一の古本屋街でもあるのです。実は日本は多くの種類の本が出版されている国になります。ほかの国では、古本屋といえば大学のそばに、中古の教科書とともにペーパーバックが売られているような店しかありません。

外国では新聞や雑誌が多く発行されています。新聞はもちろん雑誌も、丸めてポケットに入るようなペラペラのスタイルが主流です。つまり、読み捨てが基本となっているので、昔の本が残っていて流通するということがあまりないのです。こうしたスタイルのため、電子書籍やオンライン配信などが日本以上に普及しています。

そのため、日本は多くの古書が残ることになり、古本屋街も生まれたというわけです。

「古本屋で値段が付く本、付かない本」の詳細を調べる

    
コメント