情報だけを武器にする

今の現代社会において武器となるものはなんでしょうか。お金をどれだけ持っているのか、あるいは良い学校を出ているのかといったといったものがかつてはあげられていましたが、それらのものは平成の終わりとともに相対的に価値が下がっているともいえるかもしれません。

情報強者となる

そうした中において、重要とされるものが情報です。情報をどれだけ持っているのか、あるいは把握しているのかといったことは重要なテーゼとなりつつあります。ホリエモンこと堀江貴文による『情報だけ武器にしろ。: お金や人脈、学歴はいらない!』 (ポプラ新書) は、そうした新しい時代をとらえた本だと言えるでしょう。

何が記されている?

本書には何が記されているのでしょうか。情報というのは、扱い方において大きく2つにわけられます。まずは情報を収集するインプットと、それを実生活においてどのように役立てていくかというアウトプットですね。そこにおいては手段を間違ってしまうことがあってはいけません。情報をどのように扱っていくかが重要であるといえるでしょう。本書では情報を集めて、考えて、どのようにすればいいのかを考える思考実験の方法についても記されています。ホリエモンが実際に試していることであって、それは何かしらの利益や価値を生み出しているものでもあるわけですから、まずは成功者の先達の手法にならってみるというのもひとつの手段であるといえるでしょう。