国際協力とは何かを知る

国際協力や国際貢献といったことは言葉ではよく言われるものです。しかしながら、その実態をなかなかイメージとしてはつかみづらいのではないでしょうか。ましてやそれを仕事とする場合ならばなおさらです。仕事に関してはやはりなによりも具体的なイメージをつかむことが大切だと言えますね。

国際貢献とは何か?

国際協力団体IROHAによる『大学1年生のための先輩図鑑/国際協力偏』(アメージング出版)は、立命館大学を中心に活動している学生国際協力団体による書籍です。この団体は実際にカンボジアに中学校を設立するなど具体的に活動をしている人たちですね。その人達が、いわばどのように国際協力に興味を持って活動をはじめていったのかがわかります。

活動を知る

本書の目的はもちろん団体がどういう活動をしているのかといったところを第一に考えるべきでしょう。しかしながら、もちろんそこから始まって、そもそも国際協力はどういうものかわからない、やってみたいけれどもどうすればいいのかわからないといった人へ向けた本だとも言えます。大学の教科書めいたものだと、そもそも国際協力や国際強調とはなんぞやといった部分が大上段にかまえて記されているのでとっつきづらいといった部分もありますが、本書は具体的な活動報告からはじまっているので非常にイメージをつかみやすくなっていると言えるでしょう。