日本じゃ考えられない?!米国の面白すぎる法律ベスト3

アメリカ合衆国では、連邦制を採用しているため、連邦法と州法の両方が別個に存在します。そのため、アメリカ合衆国の各州は、合衆国憲法とは個別に独自の憲法を制定することが出来るのです。その中でも、各州で面白すぎる法律がたくさんあります。今回はその中でも、特に面白い法律ベスト3をご紹介します。


1. マサチューセッツ州

アメリカ合衆国東部に位置する、ニューイングランド6州の一つでもあるマサチューセッツ州。そんなマサチューセッツ州では、「どんな車であれ、ゴリラを後部座席に乗せてはならない」という法律が存在します。では、助手席になら乗せても良いのでしょうかね?

2. メイン州

合衆国本土の最東北部に位置するメイン州。そんなメイン州で制定されている法律には、「ワニに性的ないたずらをしてはならない」というものがあります。そんな物好きは果たしているのか甚だ疑問です。

3. ウェストヴァージニア州

合衆国東部に位置するウェストヴァージニア州。「路上で動物が車にはねられて死んでいたら、家に持って帰って夕食にしてもよい」という一風変わった法律が制定されています。少し残酷かもしれませんが、農業もそれほど盛んではないため、動物を食料にすることも多いのかもしれません。

世界には、他にもおかし過ぎる法律がたくさんあります。興味が湧いたら、ぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

「世界一くだらない法律集(デヴィッド・クロンビー)」の詳細を調べる

    
コメント